ブログのレイアウト変更

6/23(土)、ブログのレイアウトを変更いたしました。

タブレットやスマホなどのサイズの小さいディスプレイで当ブログを閲覧した場合、レイアウトが乱れるのは分ってたのですけど、その対処がなかなかできずにいました…(^^ゞ

この『FC2ブログ』では、レイアウトを変更するにはテンプレートを設定することとなります。
とくにこだわりが無ければ、既存のテンプレートをそのまま利用すればいいのですが、今までのも自分で少しカスタマイズして使ってましたので、そのイメージを残しつつの変更を考えると、色々と面倒なこともありついつい先延ばしになっておりました。

今月に入ってから少しづつ作業して、この度なんとか大丈夫かな~というのができたので、変更してみて不具合が無いか様子を見ながらの使用をすることにいたします。

とりあえず今までのはPCで見るとこんな感じです。
old01.jpg

Google Chromというブラウザを使った擬似的な表示になりますが、スマホ(iPhone x相当)だとこんな感じ。
old02.jpg
プロフィールの画像が、ブログ名などが入るヘッダーと呼ばれる部分(水色の部分)にはみ出している…

次にPCで見た新しいレイアウト
new01.jpg
今までは画面サイズの左右いっぱいに広がるようにしてましたが、横の範囲を設定しましたので、左右にスペースが生じるようになりました。

スマホで見たもの
new02.jpg
プロフィールなど右側に表示されていたものを、画面サイズが小さい(狭い)場合には下に表示するようにしました。

タブレットなどで見ると、下に回したプロフィールなどPCでは右に表示される部分のレイアウトが微妙になりますが、その辺りは目をつむることに…
色々と頑張れば納得がいくものができるかもしれませんが、さすがに大変ですので…

今のところ、少し気になるところと言えば…
(実は今までもそうだったかもしれませんが)
画像を2つ横に並べた場合
PCだと、下のように横に並びますが、
new03.jpg
スマホなどだと、縦に並ぶようになります。
new04.jpg

今までPCを使ってしか確認してなかったので、画像を横に並べた場合に「右の画像では…」となんの迷いもなく書いてましたが、「右(上)の画像では…」と書かないといけないですね。

他にも少しレイアウトが崩れる箇所もあるにはあるのですが…
とりあえず大きな問題が無ければ、今後はこのレイアウトでいこうと思いますのよろしくお願いします。

メーターのダンパーを自作

今回は、(タコ)メーター取り付け部分のダンパーをほぼ廃品を使って自作したというお話です。

一つ前の記事で書きましたようにグリコさんから預かることとなったタコメーター周りですが、メーター取り付け部分のダンパーがない状態でした。
01_20180604112234f09.jpg
工夫をしてメーターステーに直付けされております。

欠損しているのは(下にヤマハのパーツ検索サイトの画像をお借りしましたが)7番のパーツで、ゴム(エラストマー)製で振動をある程度吸収するためのもの。
02_2018060411223525a.jpg

グリコさんにダンパーを自作してブログアップしたい旨のメールをして、了解を頂いたので早速作業開始です。

今回写真を撮り忘れてましたので、下のものは過去の画像からの切り取りとなりますが、ダンパーが無い状態のステーへの取り付け部分は途中までネジが切られている円柱状のものとなります。
15_20180604114258198.jpg

フェールホースを交換した際の余りの部分、これを取り付け部のネジを切ってないところに付けるため、適当な長さにカット。
03_2018060411223727e.jpg

上記のホースを取り付けてステーを当ててみたらこんな感じで、ステーの切り欠き部分にピッタリと合いました。
04_2018060411223830c.jpg

横から見て、この隙間にゴムなど防振効果のあるものを挟めば良い訳ですね。
05_201806041122395d5.jpg

必要な厚みの素材をホームセンターなどで買ってきてもいいのですが…
振動の多いSRVに部品を取り付けるのに都合が良いので、交換した古いタイヤチューブを残してまして、これを使用することにしました。
06_2018060411224137b.jpg

紙に取り付け部分の形状を写し、
07_20180604112242e76.jpg

両面テープで古タイヤチューブに貼り付けて、紙ごとカットしていきます。
08_20180604112244de8.jpg

必要な厚みはステー~メーター間に3枚(これを「ステー内」と呼ぶことにします)、ステー~ナット間に3枚(同様に「ステー外」と呼びます)くらいと見積もり。
それでナットをねじ切り部分の底まで締めてもグラグラするようなら、ステー外を1枚増やす方が楽なので、ステー内は3枚重ねに決定。
09_20180604112245c0c.jpg

ステー内に3枚重ねた状態でステーを当てます。
10_20180604112247442.jpg

ステー外はワッシャーとナットで押さえることになるのでC形の切り欠きではなく、穴のあいた形状にした方が外れる危険性が無いかと思い、まず穴をあけてから周りを切り取っていきました。
11_201806041122492b3.jpg

それをステー外に3枚重ねてセット。
12_20180604112250558.jpg

続いてM8用の平ワッシャー、M6用の平ワッシャーそしてナットを締めていって様子見です。
13_20180604112251ef7.jpg

キッチリ締め付けると、ゴムの端が持ち上がるような感じになりますが、しっかりと固定されてましたので、この状態でカバーを取り付けて完了です。
14_20180604112253c78.jpg
結果として、見積もり通りステー内3枚・ステー外3枚でよかったです。
見てくれは悪いですが、カバーしちゃうと見えない部分ですしいいかな…
もっときれいに仕上げたければ、必要な厚みの素材を買ってきて、ポンチで穴あけしたりカットもキッチリすればそこそこのものもできるかと思います。
ただしこのダンパーは1つ300円+税とそれ程高価ではないので、材料費を考えるとパーツを買う方が手っ取り早いかも…

今回はこういったやり方もあるよ~っていう参考になればと思って自作してみましたが、安く仕入れたメーターでダンパーが破損していたなんて場合はやってみる価値はあるかと。
あと、上でも書きましたが、古いタイヤチューブのきれいな部分をとっておくと、振動の大きいSRVにちょっとしたパーツを取り付ける時に挟み込めば、多少は振動も吸収されてパーツの割れ・ヒビの防止にいいですよ。

MMさんで

6/3(日)、ライダーズカフェMMさんで暴れん坊おじさんとお会いしてきました。

関西4DNの掲示板に、少し前にグリコさんから(比較的MMさんの近くにお住まいの)暴れん坊おじさんにメーターを渡す為に、MMのマスターさんにそれを預けて暴れん坊おじさんがお店で受け取るという形でお願いしていると書き込みがありました。
その書き込みを受けて暴れん坊おじさんが「6/3の10時頃MMさんに行って受け取る」旨の返信を入れておられたのを見て、私もとくに予定もなかったのでMMさんに行ってみることにしたという経緯です。

8時半に家を出発、ちょっと寄り道をしながら(時間調整して)10時前にお店に到着。
002_20180603222828752.jpg 001_20180603222824bfe.jpg
暴れん坊おじさんも既に到着されてました。

とりあえず店内でコーヒーを飲みながら少しおしゃべり。
なんと、暴れん坊おじさんは店内のドラムを軽く叩かれたりしてましたが、かっこよくキマってました^^
お店にクラシックギターもあったので私もほんの少し弾かせていただきましたが、やっぱり慣れてないギターは…と言い訳w
暴れん坊おじさん&マスターのお話は、色々と興味深いもので、またゆっくりとご一緒したいものです。

で、店内でグリコさんからのメーターを確認。
カバーに割れがあるとのことで補修されており、スピード・タコの両方ともカバーは黒く塗られてました。
暴れん坊おじさんのSRVの状態はというと…
003_201806032228295af.jpg
逆ならまだしもスピードメーターが小さくアンバランスで、そのスピードメーターも誤差が著しいとのこと。

※スピードメーターは規格が決まってる(と思ってました)ので現物を見た時にとくに確認しなかったのですが、家に帰ってデジカメの画像を拡大するとメーターに「50km/h=1400rpm」と表記されてるようにも見えます。
普通は60km/h=1400rpmなので、もしもこのメーターが50km/h=1400rpmのものだとすれば当然誤差は出ますよね…
しかし画像では「60km/h」と「50km/h」がハッキリ判別できないですし、50km/h=1400rpmのスピードメーターっていうのが存在するものなのかは私には分りませんが…

とりあえずスピードメーターだけ交換して、残ったパーツはグリコさんにお返しするということになってたようですが、両メーターのカバーの色を合わせるためにタコメーターのカバーの交換もすることにしました。
004_201806032228308b2.jpg 005_20180603222832f7b.jpg
左が作業前、右がタコメーターのカバーを交換した状態です。
スピードメーターの方も交換したかったのですが、グリコさんから頂いたメーターにはゴムのダンパーが無く、暴れん坊おじさんが家にお持ちだと言うことでその場での交換はしないこととして、ひとまず終了です。

作業を済ませ店内に戻り、冷たい飲み物をたのんで30分程お話をしながらの休憩。
その最中、ちょうどグリコさんからお電話がありましたが、まるで見てたかのようなタイミングにビックリw
グリコさんにお返しするパーツは私が預かることとなりました。

私は少し大回りして帰るつもりでしたので、暴れん坊おじさんをお見送りしてお別れ。
しかし、いざ出発って時に知り合いから「夕方(私の)家に寄って渡したいものがある」との電話があり、真っ直ぐ帰ることにしました。
で、途中の山城大橋の上でミラーに暴れん坊おじさんのSRVっぽいバイクが映ったので、少しスピードを緩め確認するとやっぱり暴れん坊おじさんでした。
10分位私が遅く出発したのですが、途中で気づかずに追い越していた?

次の信号で止まったので少し話しましたが、暴れん坊おじさんは宇治川沿いのルートをとったとのこと。
私は普段からMMさんからすぐの橋を渡って猿丸神社や禅定寺の脇を通るルートをとってます。
以前タケさんとも同様のことが有ったので、やっぱりいつものルートの方が早いのかな?
Googleマップで確認すると、宇治川沿いのルートよりいつものルートの方が約3km短いみたいです。ただしいつものルートは住宅地を通るので飛ばせるという訳でもありません。

その後すぐに暴れん坊おじさんとはお別れ。
それからは、とくにこれといったことも無くスンナリと家に到着です。
梅雨入り前に晴天の下気持ちよく走ることができて、とても気持ちのいい1日でした^^

走行距離:約90.1km

ブーツを改造してみた!

先日、主にバイクに乗る時に使用しているブーツのパーツを換えてみました。
小ネタって感じの内容ですが…

今回手を加えたブーツは、昨年末の記事に少し触れましたティンバーランドの6557Aです。→[その記事]

1805.jpg
元々は写真の右側(左足)のように、靴紐を一番上までハトメに通すタイプでした。
これだと、着脱がかなり面倒…
脱ぐ時は全体的に緩めればいいのですが、履く時には上から3つの穴に通ってる紐を一旦抜いて足を入れ、再び紐を穴に通していかなくてはいけません。
そう言えば「トレッキングブーツは上の方がフックになっているよな~」と思い到り、写真左側(右足)のようなフックを取り付けることにしました。

手芸などをなさる方は経験あると思いますが、自作や自分でメンテナンスするといった場合パーツや道具の入手に困ることが多いですよね…
今回も、いざパーツを捜してみるとネットで販売しているところはいくつか見つかったのですが、数百円のものに同額かそれ以上の送料が必要なのが考えどころ。
サイズなどもよく分からないので実物を見て購入したいですし。

幸いなことに、難波に実店舗を構えたところを見つけることができたので、近くを通った時に立ち寄ってみました。→[お店のHP]
お店の販売スペースはそれ程大きくはありませんでしたが、いろいろなパーツが所狭しと並べられていて圧巻でしたよ。
店員さんに尋ねて商品の入っている引き出しを教えていただき、数種類あった中から真鍮のフックを選んで購入しました。

フックの取り付けは、革に穴をあけフックの足を通し、受け手をフックの足に通してカシメると言う手順です。
2018y05m24d_232659339.jpg
(作業前にパーツの写真を撮るのを忘れておりましたので、今回パーツを購入したお店のページから画像をお借りしました。)

今回は元々カシメが付いていた穴が大きかったので、少し格好が悪いですが下の画像のようにワッシャーを通して取り付けました。
裏側はワッシャー状の受け手があるので、これで通常の取り付け方となります。
002_201805242210575d0.jpg 003_20180525002552f3d.jpg

簡単に「カシメる」と書いていますが、実は専門工具を使って打ち込む必要があります。
が、この専用工具が結構な値段のもので、1足分しか使わないのであれば靴修理のお店で1個300円程度(今回の場合は12個)でフックを付けてもらった方が安上がりだったりします…
私は打ち込み用の冶具を自作しましたが、しっかり打ち込んでカシメる必要があるので、しっかりとしたものを使わないと怪我をする可能性もあるかと思います。(ですので冶具の画像は載せておりません。)
とりあえず自作の冶具でも、上の画像のようにきちんとカシメられてるので問題なく仕上がっているとは思いますが…

この記事を書いている時点では、両足ともフックの取り付けを済ませておりますが、ハトメとは比べ物にならないくらい着脱が楽になりました^^
別のブーツもフック仕様に変更しようかな~と考えてしまいますw


山の家!

5/4(金・祝)、グリコさんが催されている『山の家での素敵な休日』に少しだけですが参加させてもらいました。

『山の家での素敵な休日』って言うのは私が(この記事を書くに当たって)勝手に呼ばせていただいてますが、5/3~5の2泊3日での山の家でのBBQをメインとした自由な遊びの時間です。

毎年GWに開催されており、私も何度か日帰り参加させていただいてます。
今年は4~5日の1泊で参加できる予定だったのですが、急用で一時は参加できない状態に…
結局その用事が夜からになったので、なんとかお昼間だけでも参加することが出来ましたが、ホントは宿泊して楽しみたいところです。

私が到着したのは13時を少し回ったところでしたので、昼食は既に始まってました。
が、鏡割りは私の到着を待ってくださってました~
001_2018050508543083a.jpg
鯛の塩釜焼きです!
ハンマーで軽く叩いて周りの塩を落とすと、鯛のきれいな姿が!

002_20180505085431484.jpg
って、姿が見えた途端に待ちきれずに食べ始めちゃったので、写真を撮る前にこんな姿に…w
ローズマリーが少しアクセントになった上品な味でした。
塩釜焼きにすることで鯛の旨みもギュッと凝縮されているのでしょうか、柔らかい焼き上がりなのにぼやけた感じじゃなく、しっかりとした美味しさが口の中に広がる感じでした^^

既に焼きあがっているものも色々といただきました。
003_201805050854332a6.jpg 004_2018050508543491d.jpg
色々美味しいものが並んでますが、たれをつけて焼いているトリは特に絶品です。
左は焼き物をされているにーやさん。

あ、そう言えば私が到着した時におられた方々のことはまだ書いてませんでしたね。
遠くは豊橋からマー坊さん、四日市のこじろうさん。
お二方は私の到着を待って帰る予定を延ばして下さったそうで、ホントにお会いできて嬉しかったです。
大阪南部からせつさんご夫婦、そして福ちゃんさん。私と同じく4日のお昼だけの参加とのこと。
タケさん、にーやさん、おとぎさんが2泊3日の参加。
そして4日のみのご参加でしょうか、タケさん・グリコさんのお知り合いの方がお二方見えられてました。

話を戻して…
今度はローストビーフの登場です!
005_20180505085436a9f.jpg
前にも書いたかもしれませんが、私はローストビーフはあまり好きではなかったのですが、グリコさんお手製のローストビーフは柔らかくて臭みも無く美味しくいただくことが出来ます。
(名の通ったホテルで食べたローストビーフでも美味しくなかったので、ローストビーフ自体が不味いものだと思ってましたが、以前グリコさんの用意して下さったローストビーフをその食べて概念が変わったのでした。)

006_20180505085437fa0.jpg
久々にお会いする方々、初めての方々と色々ですが、楽しい雰囲気での食事です^^

007_20180505085439673.jpg
↑ワラビを使った一品をつまんでいると、マー坊さんが「こごみを採ってくる」とちょと川原の方に。
↓マー坊さんたちが採ってこられた山菜を、グリコさんが早速てんぷらにしてくれましたw
008_20180505085440d2b.jpg
左側にあるのがこごみ、右にあるひとつだけ感じが違うのがウドとのこと。
こごみのてんぷらは優しい味、ウドの方はスッとする清涼感を伴った独特の苦味がありそれぞれに美味しかったです。
摘みたてで新鮮なので、きっと余計に美味しいんでしょうね。

お次はシカカツ!
009_20180505085442106.jpg 010_201805050854432a1.jpg
これは香ばしくてとても美味しい一品で、グリコさん特製のソースをつけて食べるとより一層旨みが引き立ちます。
シカなどのジビエ料理は今では少し身近になりましたが、美味しくいただくというより「変わったものをいただく」的な食べ方も少なからずあり、そういった店で食べると残念な結果になること多いかと。
こちらでいただくシカカツは、ホントに香ばしくって嫌味が無くって癖になりますよ~
グリコさんの腕という部分もあるのでしょうけど、お仲間の猟師さんの適切な処理・管理があってのことかと思います。

「甘いものが欲しい~」と仰ってる方もおられましたが…
011_20180505085445635.jpg
グリコさんが山の家の管理人さんにお料理を少しお届けすると、お礼に焼きプリンを下さったそうで早速いただくことに。
甘すぎない焼プリンで、美味しくいただけました^^

で、そろそろゆっくり時間をかけて焼いていたアユも食べ頃になって来ました~
012_20180505085446c40.jpg 013_20180505085448f8d.jpg
遠火でじっくり焼き上げているので、無駄な水分も抜け…とか能書き不要の美味しさです。
そう言えばこの記事中に何度「美味しい」と書いたでしょうか…?
表現力が無く「美味しい」としか書けませんけど、これはホントにこの催しに参加いただければ「美味しい」の連発になっちゃうことをご理解いただけるかと。

楽しい時間はすぐに過ぎるもので、気づけば15時半過ぎ…
用事があるので仕方なく、後ろ髪を惹かれる思いで山の家をあとにしました。

今回も短い時間しか参加できませんでしたが、このような催しをされる方と出会うことができたのも4DNというバイクに乗っていたから。
偶然なのか必然なのか、ひょんなことでお知り合いになった方々とこうして楽しい時間を過ごすことができるのはホントに嬉しいことです。
グリコさんは勿論のこと、参加された皆様に感謝感謝。そして今回お会いできなかった方々もいつの日か!


それにしても泊まりで参加したい…
と、愚痴で締めるのもなんですので、おまけの画像w
014_20180505085449493.jpg 015_20180505085451d1e.jpg
せつさんのバイクを撮影した時、いい感じに撮れたので私も…w

走行距離:約165.6km

プロフィール

shigex2

Author:shigex2
ヤマハSRV250S
元々は赤/白カラーですが…

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: