凸凹道でも気にしない!

ツーリングの話をメインに、日常のことも徒然に…

ヘッドライトスイッチの変更 2/2

前回から引き続いてヘッドライトスイッチの話です。

前回は、リレーをつけたスイッチシステムにするというところまで書かせていただきましたが…
簡単とは言え回線を変更する場合、ショート回路を作ってしまわないように注意しなくてはいけませんので、回線図(らしきもの)を描いて確認です。
004_20171020140651d06.jpg
一番上は4極(on-off)リレーの場合、真ん中は5極(電装品の切り替え)リレーの場合の図です。
今回は5極で、スイッチONでヘッドライト/スイッチOFFでインジケーターランプ(LED)が警告灯として点灯するように決めましたので、一番下に実際の作業の為の図を描きました。

図に従って作成したものがこちら。
005_201710201827152e2.jpg
分りにくいかもしれませんが、2つの青線の間にスイッチをつなぎ、白線と黒線にLEDをつなぐことになります。

これで下記のような動きになるはず…
・切り替えスイッチがLoの状態でイグニッションをONの位置にする。
 <トグルスイッチ:OFF>ヘッドライト:消灯/警告灯:点灯
 <トグルスイッチ:ON>ヘッドライト:点灯/警告灯:消灯
・切り替えスイッチHiの状態でイグニッションをONにすると、トグルスイッチON,OFFに関わらずヘッドライト:点灯/警告灯:消灯。

ちなみにギボシなのですが、上流側(渡す側)がメス・下流側(受け側)がオスになるように取り付けるのが基本。
もし電気が流れている時にギボシ接続が外れてしまった場合、上流側つまり+の線についているギボシが絶縁体で覆われてるメス端子だと金属パーツに触れても大丈夫ですが、それが金属むき出しのオス端子だと金属パーツに触れるとショートしてしまうからです。
なので、ギボシの取り付けや線の合流・分岐のさせ方が分るように実際の作業の為の図を描いて、それを見ながら作業したのでした。

※今回作ったものの電気の流れは、供給(Loの+):黄カプラー→<青線>→黒カプラー / アース(-):黒カプラー→<黒線>→黄カプラー

スイッチとインジケーター用のLEDは下のものを使用します。
006_20171021184707e8b.jpg
小さいトグルスイッチとピンクに光るLED。(このLED、消灯時に透明になるのが分るように撮影してみました。)

トグルスイッチは会社の電気担当の人にもらいましたが、このスイッチだけだと100円もしないそうです。
約50cmの配線もしてもらい、写真に入れるのを忘れましたが防水キャップも一緒に頂きました。実は防水キャップのほうがスイッチ本体より単価が高いそうです。
喜んで持って帰ってギボシをつけましたが、この時点ではまだつけない方がいいですよね…
結局、後になって配線が長くて邪魔なので短くすることとなりましたし;;

LEDはピンク(だとか紫だとか)を使うのはちょっと違う方向性を持つので微妙なのですが、このピンクのLEDは消灯すると透明になるのでこれに決めました。(ちゃんとヘッドライトをつければピンクの光は消えるわけですし。)
警告灯なので赤にしたかったのですが、赤のLEDだと消灯時も赤いというのがなんとなく気に入らなくって…

消費電力の少ないLEDなら9Vでも(少し暗めかもしれないけど)点灯するだろうと、角型電池で点灯確認してみました。
007_20171021184709ca4.jpg
やっぱり(ちょっといかがわしい感じがする)ピンクですw
電池につないで点灯させることで、極性(赤線が+,黒線が-)も間違いないないことを確認できました。

とりあえず下の画像のようにつないでみて動作確認。思った通りの動きをしてくれました^^
009_201710230916206cf.jpg
あとはバイクに取りつければ完了。せっかくなので少し工夫をした取り付けを考えてますが、作業はこれからとなります…
29日に延期になった「大阪南部ミーティング」には間に合わせたいところです。


前回のメンテの記事では写真を撮ってなかったということもありますが、箇条書きのような内容でした。
今回ヘッドライトスイッチだけでこれだけ書いたのは、「リレー」について書いてみたかったからです。

この例では追加のスイッチを使いましたが、リレーを使えば追加スイッチが無くても「Aのスイッチをつければ連動してBもつく」だとか「Aをつければ(それまでついていた)Bが消える」だとか、組み方によっては色々な動きをさせることが可能になります。
使い方次第では、面白いことが出来るのでは?と思います。


また、前回の記事中で「後で述べます」と言っていた部分は上記の②のことですが、バルブに電気を供給する線というのはそれでなくても遠回りしてたり、タコ足配線してたりで実はかなりロスが多かったりします。
遠回りという点では、バッテリ→<ハーネス>→ヘッドライトケース内→左ハンドルについているHi/Loの切り替えスイッチ(ディマスイッチ)→ヘッドライトケース内でバルブと接続。となってます。
タコ足配線だと言うのは(配線図を見ればよく分かりますが)明らかに分岐・分岐で配線されてますよね。(←説明ではなく確認ですね…)

じゃ、「上記のロスをなくしヘッドライトに安定した電気を送れば、バルブの性能を発揮してより明るくなるのでは?」と思いませんか?
実際その考えの下作られた「ヘッドランプブースター」などと呼ばれたものが、かつて販売されてました。
(今でも販売されてるようですが、今ではライトを明るくしたければHIDやLEDを使用するのが一般的ですよね。)
バッテリーから直接バルブへの電気供給(いわゆる「バッ直」)させようとしたもので、①効率の良い配線(太い配線)②イグニッションON-OFFで電源供給をON-OFFさせる為のリレー③HiビームとLoビームを切り替える為のリレーが主要な部品となります。
(ヒューズ・整流ダイオードも必要となります)

ただ、(内容的にはさほど難しくはないのですが)バッ直は予期せぬショートなどの危険があり、その場合の損傷・被害が大きくなる可能性がありますので、おススメできるものではないのはご理解ください。


ちょっとややこしい話が続きましたので、以下はおまけ的内容ですが…
LEDの写真を撮った時に使った箱ですが、こんなバルブが入ってます。
008_201710211847107e0.jpg
Amazonで「今使っているのよりいいイエローバルブが欲しいなぁ~」と探していて発見しました。
高効率でない純正仕様で3,000円位。この値段だと他の高効率バルブの方がいいかな…と迷ってましたが、モノタロウでは2,000円を切っているではありませんか!
モノタロウは税込み3,240円以上で送料無料になるので、グリコさんに「近々モノタロウで買い物する予定ありませんか?」と(ちょっと無茶な気もしましたが)聞いてみたら、消耗品を一緒に頼んでいただけるとのことでしたので早速注文。
そのグリコさんのご注文によりモノタロウでSRVに適合するオイルフィルターを取り扱っていることを知り、私も便乗して注文しました~ (それで私の注文分だけでも送料無料だったのはご愛嬌w)
通販画像で惹かれたのですが、実物は見れば見るほどより可愛い感じがします^^


  1. 2017/10/23(月) 11:28:08
  2. メンテ/カスタム
  3. トラックバック:0
  4. コメント:2

ヘッドライトスイッチの変更 1/2

SRVはキーをON位置にすると、エンジンをかけて無くてもヘッドライトが点灯する仕様になってます。
そこでバッテリー保護の為、後付のヘッドライトスイッチをつけていたのですが、長く乗っていない間に劣化し接点が不安定になってました…
こんな状態だと、逆に負担になっているだろうし、なによりも危険ですよね…(という訳でスイッチは取り外しておりました。)

002_20171018210838775.jpg
かなり前の画像ですが、画像の左の方にある赤いスイッチがそれ。(KITAKO製)

外していれば元々の状態に戻ったということで、それでいいって言えばいいのですが、一度ON-OFFスイッチをつけちゃうと無い状態はなんとなく嫌だし寂しいもの。
でも、今回の不具合から構造上の不安を感じましたので、再度スイッチをつけるとすればその不安感は取り除きたいものです。

KITAKO製の後付けスイッチは下の画像のようになっており、切れている青線の両端にギボシを付け、その間にスイッチの付いた配線でぐ構造です。
※KITAKO製の元々のものは処分してしまいましたので、画像は新作のものとなります。(黒いカプラーへの青線は端子につないでません。現時点で説明しやすいように仮置きしたもので、実際はリレーの配線を直接端子につなぎます。)
001_201710182108373a3.jpg
つなぎ方は簡単で、黄色のカプラーを純正カプラーにつなぎ、黒のカプラーをバルブにつけるだけです。(ただし狭いライトカバー内にH4カプラーが2つ増えるのはそこそこ邪魔ではあります。)
この配色の場合、青=Lo(+),赤=Hi(+),黒=アース(-)の線ですので、Loの線にスイッチをつけてオンオフするってことですね。
ですのでライトの切り替えスイッチをHi位置にしてイグニッションをONにすると、後付のライトスイッチをOFFにしていてもHiでライトは点灯します。

ってことは、Loの線だけ延長され、しかも雨のかかる外のスイッチを経由するってことになっているということ。
Loビームは55w(ということは約4.6Aもの電流)で、それをこんなところでON-OFFしてると思うとちょっと不安になってきますね…

と、前置きが長くなっちゃいましたが、「じゃ、どうするの?」と言えば…
①スイッチを完全防水で容量の大きなものにする。(場合によっては配線も太くする。)
②リレーをつけることで、スイッチ自体にはバルブを点灯させる電気を流さない回路を作る。(スイッチはそこそこの防水能力を持った小さいものでOK)
の2通りが考えられると思います。

①は簡単に思えますが、Loの線だけがかなり長くなってしまうという欠点は残ったまま。(この点については後でまた述べます)
②は部品点数も多くなり、リレー回路としては簡単なものですがそれでも配線方法をちゃんと考えなくてはいけないので少し面倒かもしれませんが、リレーをヘッドライトケース内に収めればLoの線の長さの増加をかなり抑えることができます。

ザッ~と調べたところ部品の値段はどちらも大差ないので、せっかく作業するなら②の方がやりがいもあっていいですよね。
という訳で部品選定ですが、リレーの許容量・本体の大きさ・そこそこ信頼できるメーカーであることの条件から、エーモンのコンパクトリレー(1586)に決定。
003_20171020140650471.jpg

エーモンのコンパクトリレーは5極タイプしかありません。ON-OFFスイッチ用ですと4極でいいので、1つを絶縁して殺してしまってもいいのですが…
せっかく5極なので、ヘッドライトの点灯忘れを警告するインジケーターランプをつけることにします。

※4極・5極とややこしそうなこと書いてますが、色々なサイトで簡単に説明されてます。たとえば→[4極][5極

ちょっと話がややこしく(?)なってきたのとこのまま続けると長くなるので、以降は次回に…

  1. 2017/10/21(土) 08:17:07
  2. メンテ/カスタム
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0

復活前のメンテなど

今年9月の「東海・関西4DN合同ミーティング」の前まで、2年以上ほとんど走らせることのなかった私のSRV…
メンテやカスタムについてはExcelで表を作って記録を残してますが、ブログにも少し記録として残しておきます。

メンテ前の状態
バッテリーを外して室内保管 → 2,3ヶ月に1度充電 → バイクに取り付けてエンジンの始動(たまに少しだけ走らせることも)
といったことの繰り返しで、「とりあえずエンジンが始動することだけは確認できている」といった状態でした。
(残量がほんの少しとなったガソリンも、かなり古くなってるはず…)

メンテなどをした箇所
以下、番号は振ってますが必ずしも作業の順番ではありません
1.タンクの交換
塗装途中だったものにクリアのウレタン塗装をして、XJRのYAMAHAエンブレムと汎用ニーパッドを貼りました。
005_20171011174123865.jpg

取替えついでに、ガソリンのON位置側の取り出し口が外れていたのでエポキシパテで補修。
(タンク内で外れていたのですが、取出しにはすごく苦労しました…)
001_201710111741172bd.jpg

フェールフィルターも新しいものに交換。
タンク内に錆は見られないのですが、これをつけておくと少し安心感があります。
除去能力の高いフィルターだと、(取り付け方にも拠るのでしょうが)流量不足を起こす可能性があるので、それなりの能力のものですので、気休め程度かもしれませんが…
006_2017101318210191b.jpg

2.フロントブレーキの整備
 ※下記の整備をしましたが、ブレーキに関してはプロの方にお任せすることをお勧めします。

クリアのメッシュホースを使用しておりましたが、画像のような有様でしたので交換…
002_20171011174119379.jpg

折角(ブレーキフルードを全部抜いて)ホース交換するので、キャリパーも念入りに整備。
ピストンはキレイでしたのでシール交換のみ。古いシールを外して、念入りに掃除を済ませて、新しいシールに交換です。
交換後にピストンを組み込んだ時のスムーズな動きは、念入りな掃除を途中でやめようかと何度も挫けそうになりながら頑張った甲斐をすごく感じました^^

3.タイヤ交換
本当はあまり使っていないとは言え時期的に後輪も替えるべきなのですが、違うタイヤを考えてみようかと思ってて、急ぎ交換の必要のある前輪のみの作業。

4.オイル交換
今回はさすがにオイルフィルターも同時交換。
オイルはヤマルーブのエフェロ・スポーツ。

5.バッテリー交換
室内保管し定期的に充電してはいましたが、さすがに寿命、台湾ユアサのバッテリーに交換いたしました。
これまでは古河電池製のバッテリーを2,3度購入してまいりましたが、台湾ユアサバッテリーの安さについつい試してみたくなりまして…
ある程度の寿命があって、他に問題が無いようならいいのですけど。

7.前後スプロケ&チェーン交換
メッキチェーンを使ってたので、パッと見はそれほどひどい錆も無いんですが、動きは渋くシールも劣化が見て取れる状態…
今回はチェーン交換だけでなく、この機会に前後スプロケも交換しました。
チェーンは、EK製520SR-X2のクリップジョイントにしました。
 チェーンをカシメる工具はかつて持ってたはずですが行方不明。クリップ式だと(少し不安感はありますが)万力などで作業できますし…
リアのスプロケは、NTB製SPY-029R。 重さはありますが鉄製の安心感。「フロント用か?」と思う価格もうれしいところ。
フロントはサンスター製32515(下2桁は歯数)で、16Tにするかどうか迷ったのですが、15Tで慣れてるしいいかなと。

6.各部グリスアップ&ボルトの締め付け確認など
それほど動かさずに長い時間経ってるので、グリスアップは必須ですね…
一応全体的にボルトの締め付け確認をし、主要部分はトルク確認。
あと、電気系統の接続部の確認、気になる箇所は接点復活材を用いて洗浄しておきました。

とりあえず、大雑把ですがこんな感じでしょうか。

やり残したところや気になるところ(実は現時点で改修したところとか…)
上記のメンテなどをして、合同ミーティングに臨んだ訳ですが…
ミーティングで皆さんのバイクを見て、自分のバイクの「やっつけ仕事的な部分を何とかしないと…」という気になっちゃいました。

これは、ミーティング参加前に何とかしたかったところだったのですが…
007_20171013210732f9d.jpg
ステーを加工してメーターを少し持ち上げて取り付けてるのですが、揺れ対策のためスポンジで埋めちゃってます。
あまりに不恰好なので何とかしようとは思いつつ、どんな形にしようか考えがまとまらずそのままに…><

そして、ミーティングで撮った写真を見返しても思うのが、リアフェンダーの収まりの悪さ。
005a.jpg
もう少しクラシカルな感じに仕上げたいところです。

あとは、サイドカバーの再塗装。フレームやスタンドのタッチアップ塗装もやらないと…

とりあえず、メーター周りやリアフェンダー周りは現時点でほぼ改修が完了してるのですが、まだ写真を撮ってなくってご紹介できません;;
改修の結果、ヘッドライトは少し下がり、リアもクラシカルになったので、随分落ち着いた感じが(自分では)してます。
(この週末も雨の予報ですので、撮影は22日のミーティングの時になるかも…)

メーター周りを改修したついでに、メーターランプをLED化して、タコメーターのメーターランプを1つ増やしました。
003_20171011174120f69.jpg
スピードメーターの方は上下に2つランプが付いてますが、タコメーターは上側に1つしかランプがありません。
そこで、T6.5のソケットをもう1つ繋いで、写真右側のように下部の蓋を開けそこにランプを追加することにしました。
これまた画像は後日になりますが…

とりとめの無い感じになってしまいましたが、後日写真を撮ってからまとめますね…

【追記:10/14 20時過ぎ】
雨がやんでいたので、メーターの光り具合を写真におさめてみました。
フラッシュオフのオート撮影ですが、手振れ補正モードで撮ればよかったですね…
008_2017101420284409d.jpg
白色LED(3チップSMD型)を使っていることもあり、今までとは比べ物にならないくらい明るいです。
【追記以上】

  1. 2017/10/13(金) 21:50:12
  2. メンテ/カスタム
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0

リアタイヤ交換

5/25(日)の関宿での関西4DNミーティングに向けて、前々から限界だったリアタイヤを交換しようと考えておりましたが…

タイヤ・チューブ・リムテープを通販で購入し、物自体は22日に到着しておりましたが、交換はミーティング前日の24日を考えておりました。
仕事でしたが遅くとも16時には帰宅できるはずで、18時までには交換を済ませ小1時間走られることが出来ると考えてのことでしたが色々とあって帰宅が遅くなってしまいましたのでその日の作業は断念。

当日の25日は5時前に起きて車両チェックなどをし、タイヤ交換はミーティング後にしようと思ってたのですが…
タイヤを見ていると交換したくなり決行することに。

リアタイヤを外して、砂や小石を雑巾で拭きとって玄関内に持ち込み。
そこにブルーシートを敷いて裏をきれいに拭いたランニングシューズを履いて作業開始。
 ↑
この辺は、以前友人のチューブ交換を手伝った際小石をリム内に入れてしまってパンクさせたことがあるので、小石や砂を出来るだけ寄せ付けない為

ムシを外し空気を抜いて、タイヤを踏んでビードを落としてからタイヤレバーを使ってタイヤを外していきます。
簡単に書いてますが、古いタイヤは結構硬くなってたのでなかなか大変でした…
タイヤレバーは信頼できるものの使用をお勧めしますし、タイヤレバーがはねて怪我をする可能性があるので充分に注意が必要です。
今回はチューブも交換するので、噛み込み等でチューブが傷つくのを気にせず作業できたので楽でした。

組み付けはまず回転方向に注意しタイヤの片側をリムにはめ込んでいくことからスタート。
この作業は苦も無く出来るかと思います。
次にタイヤ側面に付けられている軽い箇所を示す印とバルブの位置を合わせて、チューブを組み込んでいきます。
P5270046 (480x640)
↑作業中の画像は無いのですけど、印とバルブの位置関係。

チューブをリム内に収めたらチューブに一旦空気を入れて、ムシを押さえてある程度空気を抜いてタイヤレバーでチューブを挟まないように注意しながらタイヤをはめていきます。
ビードワックスもしくは石鹸水をタイヤのふちにつけておくと滑りやすくなりはめ込みも楽になります。
今回チョイスしたIRCのGS19はチューブタイヤですのでチューブレスに比べると柔らかく作業もしやすいのですが、やはりそれなりに大変と言えば大変です。
P5270048 (480x640)
結局、私はリムをかなり傷つけてしまいました…
タイヤレバーからリムを保護する道具も売っているので本来こちらを使うべきですが、注文漏れしてましたので;;

タイヤをはめ込んだら空気を入れて空気圧チェック。
ある程度時間を置いて再度空気圧チェックをして減りが無ければOK。

一応ホイールバランスをとっておく方が良いので、判る範囲での作業。
ホイールアクスルを差し込んでタイヤの回り方を見ると、一番重いであろう部分が判りますのでその反対側の軽い方に錘を貼り付けます。
重さは調整しないといけませんが、ホイールバランサーなしでの上記のやり方では抵抗がありタイヤが止まろうとするのが早いのである程度の調整となってしまってます…

今回のタイヤは製造時期表示が「1214」
P5270049 (640x480)
14年の第12週に製造されたという意味のはず。
交換したタイヤは「1409」でしたので実に5年近く使ったということ。
そりゃタイヤも硬化してしまうというものですね…

  1. 2014/06/01(日) 01:09:57
  2. メンテ/カスタム
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0

ライトのこと

5/18、近所へのお使いにバイクに乗って出かけたところヘッドライトについて聞いてこられた方がいました。
と言う訳で、以前にも書いたかもしれませんが現在付けているヘッドライトについてちょっとまとめてみます。

とりあえず少し前の状態ですが、横から見た全体的な様子です。
001_201405182117578a9.jpg

車体前方の様子。
002_20140518211757435.jpg

ヘッドライトのケースはルーカス(LUCAS)製の7インチ砲弾タイプです。
廃業したバイク屋さんから貰ったものですが、実はルーカスタイプではなく本物のルーカス製。
一応、イギリスの旧車のイメージでカスタムしているので、自己満足な部分ですけどMade in Englandと言うのは嬉しかったりします。

と言っておきながら、ライトはフランスのメーカー・シビエ(CIBIE)製のものを使ってます…
ルーカスのライトと同様に凸レンズなのでパッと見は違和感ないでしょうけど、英仏の組み合わせと言うのは微妙と言えば微妙かも。

ライトステーはBSAのGoldStarと言うバイクのイメージで自作いたしました。
ステンレスのパイプを加工したのですが、この作業は色々と大変でしたのでSR用で売られているカスタムパーツを工夫して利用されることをお勧めします…

バイザーが付いておりますが、純正ライト&ケース(右)との比較画像です。
004_201405182118009d7.jpg

ライトの径は同じですが、ケースのリムの形状が違うので比較すると直系で2,3cmの差があります。
左のルーカスケースですとライトの外径=ケースの外径のように見える位の大きさ。
(実際一回り小さいヘッドライトが使われてるルネッサと比較してもケースの大きさはほとんど同じで、ルネッサにはルーカスタイプのライトがほぼポン付けできます。)

また、前方からの画像でもシビエのライトの凸がよく分かると思います。
凸レンズの雰囲気に慣れると普通の平面のものは凹んでいるかのような錯覚をしてしまいます…

と、まとめてはみたものの参考になるのかどうか…

  1. 2014/05/18(日) 21:22:56
  2. メンテ/カスタム
  3. トラックバック:0
  4. コメント:4
次のページ

プロフィール

shigex2

Author:shigex2
ヤマハSRV250S
元々は赤/白カラーですが…

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

4DNミーティングなど (31)
4DNツーリング (19)
4DNその他オフイベ (7)
単独ツーリング (42)
バイクあれこれ (11)
メンテ/カスタム (25)
バイク&ハイク (2)
自転車&ハイク (10)
手作りあれこれ (5)
音楽・芸術・文学 (9)
ギター (8)
雑記 (31)
お出かけ (1)
未分類 (3)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ