凸凹道でも気にしない!

ツーリングの話をメインに、日常のことも徒然に…

2013年初ハイキング

1/6(日)、2013年の初ハイキングで飯盛山・室池に行ってきました。

ここには書いてませんが、12/23のお昼に野崎観音から飯盛山を目指したのですが、道を間違って鉄塔の管理道に入りとんでもない方向に進んでしまい、最終的には阪奈道路に出てしまってそのまま戻ると言うことをしてしまいました…

今回はその反省も込め、ちゃんと地図(ハイキング用ですが…)とコンパスを用意して登ることにしました。
当然と言えば当然ですが、府民の森は整備されてるので甘く見すぎてました…^_^;

いつも野崎観音からなので今回は四條畷神社をスタート地点としました。
自転車を神社の駐輪所にとめ、参拝してからハイキング道へと進みました。
PC01 (480x360)

少し登ると橋があり、ボクが知ってるルートはこの橋を渡るのですが、法面が弱くなってるので新ルートをとるようにとの看板がありました。
迷っていると橋を渡るルートから降りてきた人がいて、聞いてみると特に問題なくいけるとのことでしたので橋を渡ることとしました。
ハイキング地図でえらく迂回するコースが示されてたのはこういう訳だったのですね…

所々急坂となった道を登ること約20分、頂上手前の急坂に到着。
PC02 (360x480)
少しくらいはこのようにロープの張った登りもあった方が楽しいですよね^^

そして程なく頂上に到着。
PC03 (480x360)
すこしもやってて遠くまでは見渡せませんでした…

少し休憩の後、楠公寺側に下り、一旦沢まで下りまた登るルートで桜池に向かいます。
PC04 (360x480)

黒龍大明神と書かれた大きな岩の下を通り、そこそこ急な道を下り、また登って桜池に。
PC05 (480x360)
氷が張ってて、その氷の上を鳥が歩いていました。

ここから室池方面に抜ける近道の14番鉄塔越えをしたのですが…
まずそのルートの入ってすぐ、端に渡した板が崩れてます><
PC06 (360x480)
恐る恐る山側を通り、少し行くと鉄橋があり渡ると道はどんどん険しくなります。(写真を撮る余裕なし…w)
なんとか鉄塔まで登りましたが、ここからは急な下り…
PC07 (360x480)

写真では急坂ぶりがよく分かりませんが、ちょっと滑り落ちると言う感じで進んでいきます…
急坂だけならまだしも、途中は横がすぐ崖というところもあり怖かったです><
そして極め付けが、ハイキングルートへ渡る丸太橋。
PC08 (480x360)
渡る前に写真を撮る余裕はなく、渡りきって安全なハイキング道からの眺めですw
丸太が細いので平均台のようで、朽ちかけてるものもあるので実質2本しか使えない感じでした…

ハイキング道に出るとのんびりしたもので、程なく権現の滝との分岐点に来ましたので、ハイキング道を逸れて権現の滝に立ち寄り。
PC09 (360x480)

少し休憩を取りハイキング道に戻り、のんびり登って行くと室池に到着。
PC11 (480x360)
分厚い氷が張って子どもが石を投げて遊んでましたが、氷はほとんど割れず石が氷上を滑ってましたw

府民の森の『むろいけ園地』内の遊歩道は落ち葉がふかふかで気持ちよかった~
PC12 (360x480)

のんびり散策し、蟹ヶ坂コースで下っていき御机神社に到着。
PC13 (480x360)
ここからスタート地点の四條畷神社は近いのですが、素直に歩いてると急な坂を上ってまた下ると言うルートをとってしまいそうです。
今回地図を持ってきて助かったのはここで、住吉平田神社に抜ける細い道を下るとアップダウンが少なく楽に四條畷神社に戻ることができました。

今回は緩急のついたハイキングで、約3時間の行程でした。
前回もそうですが、鉄塔の管理道は(鉄塔がピークに建ってることが多いので)結構険しいので注意しなければ…と思いました。
でも、鉄塔の管理をする人は重い荷物を持ってこれを上り下りするんでしょうね…

  1. 2013/01/06(日) 21:47:49
  2. 自転車&ハイク
  3. トラックバック:0
  4. コメント:6

(河内)飯盛山

12/8(土)、飯盛山ハイキングをしてきました。
タイトルに(河内)とついてるのは、飯盛山という山は日本各地にたくさんあるらしく、区別する為に河内飯盛山と呼ぶこともあるそうなのでつけてみました。

朝起きると、前日までの天気予報と大きく変わり雨の心配がなさそうとのこと。
これはじっとしてられませんw
飯盛山なら手軽でいいかも!ってことで、野崎観音から山頂を目指すことにしました。

出発は朝10時過ぎ、自転車で野崎まで(買い物しながら)約30分。
11時前に野崎観音の麓の駐輪場をスタート。

PC080002 (360x480)
いきなりの階段を登ると野崎観音(慈眼寺)の境内。

本堂の軒下にはたくさんの張子の犬が吊るされてますが、やはり安産祈願なのでしょうか…
PC080039 (480x360)

境内から少し登ると、ハイキングコースの看板があり、石塔・石碑などを見ながら歩くと分岐点があり、まずは吊橋と書かれてるほうに行ってみました。
PC080006 (480x360)

吊橋からもまずまずの眺めでした。
ここから先の道はかなり大回りに見えたので、先程の分岐点に戻りもう一方のルートをとりました。
急な階段道を登る途中に、野崎城址など展望スポットが多かったです。

七曲と呼ばれるつづら折れの道で一気に登る感じ…
ここはさすがにちょっときつかったですが、平坦なところに出ると池が見え、今度は整備された階段。
PC080021 (360x480)
(帰りに撮った写真なので下り向きですが…)

やがて大きな池が見え、大東市の野外活動センターの建物も見えてきました。
ベンチで少し休憩し、少し登ると楠公寺。
ここでは高校(?)野球部員が階段の上り下りを頑張ってました~
その階段を登ると、祠があり可愛い狸さんがw
PC080013 (360x480)

狛犬のように対になった狸さんでしたが、神様のお使いなのでしょうか?

ここまで来れば飯盛山の山頂はすぐそこ。
ただ最後の登りが急でロープが張られてました。
PC080014 (360x480)

山頂に着くとちょうど12時。
色々回り道などもしましたが、1時間程度でしたので予定通りでしょうか。

山頂から少し下がったところに展望スペースがあるのですぐにそちらに向かいます。
PC080016 (480x360)

残念ながら山頂に着いたときは曇ってて、あまり遠くまでは見えませんでした><
山頂には楠正行(小楠公)の像がありました。

PC080017 (360x480)

楠正行は楠正成の嫡男で、正成亡き後の楠家の棟梁として南朝軍の中心として活躍しましたが、この飯盛山麓の四條畷で高師直に破れたとのこと。
そういった歴史があるので、四條畷・大東の両市にまたがるこの地域には小楠公にゆかりの史跡も多くあります。

頂上付近の展望スペースで軽い昼食をとりしばらくのんびりしてから、そろそろ下ろうかと地図を見ながらちょっと思案。
今回は大東市の野崎から登り四條畷側に下りて、一駅電車に乗って戻るのもいいかと思ってましたが、四條畷側は今後の楽しみに取っておくこととしましたw

再び野崎側に下りて行くと、行きには見過ごしていましたが吊橋方面に抜けるルートと分岐してるところがありました。
そちらをとってみると…
PC080022 (360x480)

かなり細い急な下り道。
写真に撮る際分かるようにと靴も入れてみましたw

しかし、ほんの短い距離で吊橋に出ました~
こちらルートの方が断然近いですが…
知っていないと行きには絶対気づかないでしょうね。

程なく野崎観音に戻り、駐輪所についたのが2時前。
程よいハイキングとなりました^^

  1. 2012/12/08(土) 23:09:34
  2. 自転車&ハイク
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0

久々の獅子窟寺

11/18(日)、お昼間に時間があったので軽いハイキングでも…と思いマウンテンバイクで出発。

家を出たときは交野山に登ろうと思ってましたので、MTBを源氏の滝の公園に停めようと思ってましたが…
途中、ペダルを漕いでも空回りするので降りて確認><
何度か逆回しにすると空回りしなくなり、漕ぎ方によっては進めるのですが、これ以上家から離れる方向には進まない方が良いと思い、少し引き返す形で獅子窟寺への登り口に停めました。

獅子窟寺への登り口は、貯水槽の前から始まりますが、いきなりこんな感じ…
PB190368 (360x480)

真昼でも薄暗い道ですが、コンクリートで舗装されてるだけましでしょうか。
地道だと雨が降ると、ぬかるみになりそうなかんじですから…

PB190367 (360x480)
土手が崩れて、木の根がむき出しになっちゃってます><

上の写真はフラッシュをたいてますが、実際の道の雰囲気はこんな感じです。
暗いし、急だし、看板には最近サルが出ることがあると書いてたし、一人だと心細いw
PB190365 (360x480)

のんびりめのペースで登って約15分で到着。
獅子窟寺のお堂の上には巨石がごろごろあるところがあり、修行の地という感じがします。
PB190356 (480x360)

ちなみに、その日登るつもりだった交野山も頂上巨石があり、そこからの眺めは素晴らしいものがあります。
交野山に登ったときの記事は→[こちら]

話を戻して…
訪れた獅子窟寺は、こんな場所にもかかわらずかつては大きなお寺だったそうです。
役行者(役小角)が開山したとか、行基がお寺を建てたとか、空海が修行をしただとか、近畿の山岳修行の地ではおなじみのそうそうたる方々にゆかりのある地なんだとか。

そんな修行の地ではありますが、訪れたときは境内のもみじが色づいていて、少し汗をかいた体に心地よい風が吹いていました。
PB190352 (360x480)

  1. 2012/11/22(木) 23:04:49
  2. 自転車&ハイク
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0

星のブランコ

11/29(日)、交野市の府民の森ほしだ園地にある「星のブランコ」という吊り橋を渡ってきました。

天気予報は良くなかったので、前日徹夜してたこともあり昼まで寝てましたが…
起きてみるとビックリするほどの晴天!これは出かけないともったいない!
日曜日なので、以前から気になってる「石切の奥之院」が頭をよぎりましたが、今の時期紅葉が綺麗と思われる「府民の森ほしだ園地」に行くことに決め、急いで昼食をとって出発。(大阪府民の森HP→[こちら])
近場なので今回は自転車です。

距離的には石切より近いのですが、こちらの方面は坂が多いのと、細い道が多いのでスピードが出せず、家から45分くらいかかって駐輪所に到着。
ココからは自転車乗り入れ不可なので、園内は歩きになります。

歩道橋
まるでウッドデッキのように整備された「森林鉄道風歩道橋」を5分くらい歩くと小屋があります。
しかし“森林鉄道風”っていうネーミングは微妙ですね…

遠景
小屋を過ぎると、遠くに「星のブランコ」が見えます。
園内はハイキングコースになっておりいくつかのルートが整備されてます。
「ほしだ園地管理道」という道が階段もなく緩やかで歩きやすいのですが、これは大回りで距離が長くなりますので、少し急な「ぼうけんの路」ルートで星のブランコへ向かいます。

たもと
10分くらいで星のブランコのたもとへ到着。280m程度の長さのある吊り橋で、高さは約50mだとか。

橋より
星のブランコからの景色はこんな感じ。紅葉が綺麗で、光が差すとキラキラと輝いて綺麗です。

時折、子供がふざけて揺らしたりするので、常時グラグラしてました。
恐くはないのですが、写真を撮ってると酔いそうな感じ…まさにブランコ…(*_*)

渡りきったところにある案内板によると、10分ほど登れば展望スポットがあるそうなので早速行ってみます。
展望台
星のブランコを見下ろす高さ。条件がよければ京都タワーまで見渡せるそうです。
近場にこんなスポットがあるなんて… 1時間ほど歩くと「くろんど園地」にいけるのだそう。
これはひそかに(?)計画している山登りの練習にもいいかもしれません(^^)/

少し下ったところに「やまびこ広場」があり、子供たちが走り回って遊んでました。
そう言えばボクらが小学生だった頃、「耐寒訓練」とか「けんぽ会」とか言って毎年冬に来てたな~
その頃は、たぶんこれほどは整備されてなかったけど、高学年だとかなり歩かされたもんです。
歩いてるときはヘトヘトのくせに、自由時間はココで見た子供たちのように走り回って遊んでましたし。

下りは「おねすじの路」を通りましたが、尾根というより川沿いの道って感じでした。
今回は1時間少々の散策でしたが、色々コースもあるので、徐々に距離を伸ばすのもいいかもしれません。

帰りは下りが多いのと、近道を発見したのとで30分位で家に着きました。
家からは近いし、割と手ごろな感じなので、今後も暇があれば行ってみようと思います。
  1. 2009/11/30(月) 20:23:22
  2. 自転車&ハイク
  3. トラックバック:0
  4. コメント:4

遠き奥之院…

11/3は文化の日、仕事の予定でしたが朝早くに、「延期になった」との連絡が…
寒かったので2度寝するものの、まずまずの天気に何もしないのはもったいない!と言うことで…

またしても石切!
以前、目の前を飛び去った大きな蜂に恐怖を覚え、すごすごと引き返した「奥之院」に行ってみようと出発。
急に寒くなったので、虫たちもじっとしてるだろうという都合の良い考えの下。

例によって、自転車で30分位で絵馬殿に到着。自転車を停め、いざ散策開始。
寒いとはいえ休日、かなりの人で賑わってます。駐車場も満車で、待ちの車が列を作ってます。

順調に坂を上って行くと、ゴン太さんがコメントしてくれた建物が見えました。

001_20091103190035.jpg
そう言えば、前回来たときもほとんど出来てましたが、何となく「設計事務所なんだろうな~」と思ってました。
実際は、飲食店の入ったビル。
しかし3階で飲食するのは、少し勇気が要ります…

002_20091103190035.jpg
「日本で三番目の大仏さん」との位置関係はこんな感じ。
全く関係ないですが、大仏さんは何となく朝青龍に似てるような…

そして少し行くと、これまたゴン太さんが仰っていた「いしきりん」君のポスターがありました。

003_20091103190035.jpg
ゆるきゃらブームは、まだまだ続いているんですね~
やっぱり着ぐるみもあるんでしょうね。見てみたいっ!

そうこうしてるうちに近鉄のガードをくぐり抜け、奥之院への細い道まではもう少し。


嗚呼、奥之院
近鉄のガードをくぐると途端に人気がなくなるのはいつものこと、気に留めず目的に向かって歩くのみ。

004_20091103190035.jpg
相変わらず不気味な道を進み、鳥居が見えてきました。
鳥居の下に看板が見える気がします。

005_20091103190034.jpg
鳥居まで来たら、確かに看板がありました。
なんてことでしょうか… 今日は祝日なのに…(>_<)
奥之院への道は、不気味なだけでなく、来る者を気安くは迎えてくれないのでしょうか…

落胆しながら、回れ右。
引き返しながら、金剛寺ってお寺? 何で鳥居? そう言えば弁才天って書いてたけど、弁才天って神様だから神社なのか?
って???の疑問ばかりが浮かんできました。やはりこのまま引き下がるわけにはいかないようです。


ご本人!?
そのまま坂を下るのは寂しいので、上之社から登美霊社に向けて歩いていると…

006_20091103190100.jpg
わざわざ芸名で書かれています。ご本名ならなかなか気付かれないと思うのですが…
と言うことは、気付いて欲しいということなのか!?
それとも、別人なのでしょうか?

そして今回は、チョッピリ消化不良のまま帰路へ。
次回は、日曜日に来ないと…
  1. 2009/11/03(火) 20:55:55
  2. 自転車&ハイク
  3. トラックバック:0
  4. コメント:2
次のページ

プロフィール

shigex2

Author:shigex2
ヤマハSRV250S
元々は赤/白カラーですが…

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

4DNミーティングなど (28)
4DNツーリング (19)
4DNその他オフイベ (7)
単独ツーリング (42)
バイクあれこれ (10)
メンテ/カスタム (22)
バイク&ハイク (2)
自転車&ハイク (10)
手作りあれこれ (5)
音楽・芸術・文学 (9)
ギター (8)
雑記 (30)
お出かけ (1)
未分類 (3)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ