凸凹道でも気にしない!

バイクの話を中心に…

2 0
Category 雑記

今年の漢字…

あんまり否定的なことや愚痴はブログで書きたくないんですが…

今年の漢字って、あれだけ色々あってまだやってるんですね(>_<)
清水寺の貫主さんも恥ずかしくないのかな~
自身も(辞任したらしいが)理事だったし、漢検からたくさんお布施でも貰ってるのかな~

一年を振り返って色々考えるのはいいことかもしれないし、それ自体否定しないけど、何だか胡散臭い…

何でこんなことを書くのかというと、そもそも第1回目の漢字から気に入らないから。
気に入らないと言うより、怒りすら感じたのであるが…

第1回目の'95年、選ばれた漢字は「震」
阪神淡路大震災、地下鉄サリン事件などの社会不安を「震」で表したらしい。

阪神淡路大震災の起こったとき、ボクは(西宮市にある)大学の3年生でした。
家は大阪北東部なので被害はほとんどなかったのですが、阪神間に住んでる友人の多くは大変でした。
かなりの距離を歩いて、友人宅に食料や水を届けに行ったりするときに目にしたすさまじい光景。
自分は物資を届け終わると帰る場所がある…という負い目に似た感覚。
当時のことを思い出すと、「もっと何かできたのにできなかった。」と言うような気持ちになります。

そんな経験をした年の暮れ、臆面もなく「震」と書き上げた清水寺の貫主。
その姿をTVで見たボクは、貫主にどういう気持ちでそんな字を書いたのか問いたい気持ちでいっぱいになった。
きっとお寺の偉い方だから、ありがたい答えを聞かせてくれるだろうが…

今思えば今年の漢字を選ぶのは貫主ではなく、貫主は書くだけだからと考える余裕はあるが、当時「震」という字は生々し過ぎたし、漢検云々というのを知らず清水寺がやってることかと勘違いもあったんですが…
ただ、第1回目の今年の漢字発表以来、清水寺にはいくらそばを通ろうが足を踏み入れようとは思えません。

~コメント  2 件~

コロ犬マスター  

阪神淡路大震災

震災直後、仕事で広島へ行かねばならず電車の不通区間を臨時バスで乗り継ぐために三ノ宮で下車しましたが、都市全体が崩壊した異様な光景は余りにもショッキングで言葉を失ったのを覚えています。
当時、瓦礫と化した駅前で、一軒だけ被災を免れたであろうパチンコ屋が開いていて店の外まで人の行列が出来ていたのですが、あれはギャンブルするためのものだったのか?たまたまそこが救援物資配給所になっていたからなのか?私にとって未だに謎なのですよ。

2009/12/15 (Tue) 01:29 | EDIT | REPLY |   

shigex2  

Re:阪神大震災

■コロ犬マスターさん

阪神大震災では色々なことを考えさせられました。
大げさに言うと「生き方」みたいなところから、下世話なところでは「変なところで死ねないな~」と言うことまで…(^^ゞ

救援物資といえば、あの山口組が炊き出しをして、地域に貢献してたのが印象的です。

2009/12/15 (Tue) 20:06 | EDIT | REPLY |   

コメントをする