凸凹道でも気にしない!

バイクの話を中心に…

0 0
Categoryノンバイクハイク

久々の獅子窟寺

11/18(日)、お昼間に時間があったので軽いハイキングでも…と思いマウンテンバイクで出発。

家を出たときは交野山に登ろうと思ってましたので、MTBを源氏の滝の公園に停めようと思ってましたが…
途中、ペダルを漕いでも空回りするので降りて確認><
何度か逆回しにすると空回りしなくなり、漕ぎ方によっては進めるのですが、これ以上家から離れる方向には進まない方が良いと思い、少し引き返す形で獅子窟寺への登り口に停めました。

獅子窟寺への登り口は、貯水槽の前から始まりますが、いきなりこんな感じ…
PB190368 (360x480)

真昼でも薄暗い道ですが、コンクリートで舗装されてるだけましでしょうか。
地道だと雨が降ると、ぬかるみになりそうなかんじですから…

PB190367 (360x480)
土手が崩れて、木の根がむき出しになっちゃってます><

上の写真はフラッシュをたいてますが、実際の道の雰囲気はこんな感じです。
暗いし、急だし、看板には最近サルが出ることがあると書いてたし、一人だと心細いw
PB190365 (360x480)

のんびりめのペースで登って約15分で到着。
獅子窟寺のお堂の上には巨石がごろごろあるところがあり、修行の地という感じがします。
PB190356 (480x360)

ちなみに、その日登るつもりだった交野山も頂上巨石があり、そこからの眺めは素晴らしいものがあります。
交野山に登ったときの記事は→[こちら]

話を戻して…
訪れた獅子窟寺は、こんな場所にもかかわらずかつては大きなお寺だったそうです。
役行者(役小角)が開山したとか、行基がお寺を建てたとか、空海が修行をしただとか、近畿の山岳修行の地ではおなじみのそうそうたる方々にゆかりのある地なんだとか。

そんな修行の地ではありますが、訪れたときは境内のもみじが色づいていて、少し汗をかいた体に心地よい風が吹いていました。
PB190352 (360x480)

~コメント  0 件~

コメントをする