凸凹道でも気にしない!

バイクの話を中心に…

0 0
Category音楽・芸術・文学

マイケル~

ずいぶん前に、マイケルのことは別に書きますって言ってましたが…
そのマイケルは、ワム!のジョージさんではなく、ハードロック好きではありますがシェンカーさんでもなく、ブルー・アイド・ソウルのマクドナルドさんでもありません。

そうです!キング・オブ・ポップのマイケル・ジャクソンです!

ある時友達の家でレンタルビデオを見る約束をしてて、行ってみると、友達の兄さんがビデオを見ていました。
それを見たボクはスゴイ衝撃を受けました。

赤い服を着た黒人が、大勢のモンスターを従えて、両手を上にあげて歌い踊っているその映像。
そう、あのスリラーのビデオクリップです!

「コレ誰なんですか?」と、初対面の友達の兄さんに思わず聞いてしまったボク、その兄さんが「マイケル・ジャクソンや!」とうっとおしそうに答えるその姿まで、いまだに覚えています。
レンタルビデオ(トップガンだったと思う)は気になるが、もうマイケルに釘付け!
なんと帰りには、お兄さんからスリラーのLPと、We Are The Worldの入ったテープを借りて帰りましたよ!

アルバム“BAD”が出て、当然のようにそれにはまり、訳もなく「フォー!」とか「アゥ!」とか言ってたおバカなボクがいました。(追記:でもボクだけじゃなかったですよ!)
友達とムーンウォークの練習をしたり、斜め立ち(って言うのかな?)がどうしてもできないので、高い鉄棒にロープをくくって、それを持ってそれっぽいポーズしてみたり、ホントおバカ三昧の日々でした。(>_<)
近所の酒屋さんに、ペプシのポスターもらいに行ったり…

自分でも何故あれほどはまったのか、全く分かりませんが、もう夢中でした。
そして、たしか中3の頃、マイケルのワールドツアーがあったんですよ。
ものすごく行きたかったけど、日本公演は東京のみ…
親に言ってはみたが、撃沈どころか怒られる始末…


…最近、ロンドンでコンサートをするというニュースが流れました。
マイケルは、当時の面影がないくらい変わっています。
スターはスターなりに色々あるんだ…と、悲しくなってしまいますが…

それでも、服装なんかは、まさに「キング・オブ・ポップ」と言われるだけのことはあると、感心しました。
あんな姿で、リムジンから降りてくるなんて、やっぱり夢を売る仕事って感じがします。

やっぱり、この手のスター的存在は、ボクとしては非日常的な存在であって欲しい。
冷静に考えれば、キワモノ的に見られてしまってるマイケルが、キングとして復活するのは厳しいかもしれない。
けれど、現実世界と乖離した(まさにネバーランド!)キングとして、再び輝きを取り戻すことを願わずにはいられない!

~コメント  0 件~

コメントをする