凸凹道でも気にしない!

バイクの話を中心に…

2 0
Category音楽・芸術・文学

披露宴での演奏…

4/5の結婚披露宴でギター演奏をすることとなりました。

ギター演奏をして欲しいとの依頼を受けたのがちょうど披露宴1週間前の3/29。
何曲か弾ける曲はあるものの、披露宴に合うような曲はありません…
2曲弾くとして、1曲はクラシックギターの定番曲『アルハンブラの想い出』でいいかと思うのですが、1曲は場にあった曲をしないと…
持っている楽譜から『If We Hold On Together』なら(定番に過ぎるが)場に合うかと思い、ちょっと弾いてみたところなんとか間に合いそうな感じなのでこれに決定。



しかし持っている楽譜はTAB譜と言ってギターの弦と押さえる箇所が記されたものが付いています。
P4010048 (640x480)
これは押さえるところは分かりやすいかもしれませんが、楽譜がある程度読めれば邪魔な存在だと思います。
(TAB譜付は楽譜は枚数が多くなるし、見間違いを起こす可能性も高いので…)
で、先日PCにインストールしたMuseScoreという楽譜製作ソフトを使うことにしました。

2014y04m01d_184638229 (640x485)
作業画面は上の画像のような感じです。
色々めんどうなところもありますが、指番号等も入れることもできなかなかいいソフトだと思います。
ところどころ気に入らないところはアレンジすることもできたのでこのソフトを使用して楽譜を作り直して正解かな~と思っております。

出来上がった楽譜を100均で買ったバインダーを改造したものに貼り付けて完成。
P4010052 (640x479)

P4010051 (640x480)
A3版のバインダーを半分に切ってマスキングテープで貼り合わせ、ノートのような感じにしました。
時間的に暗譜まではできないので当日も楽譜を見ることになりますが、A3のコピー用紙だと少しの風でめくれたりするのでこのようにキッチリと厚み(重さ)のあるものが安心なのです。

あとは当日恥ずかしくないように練習しなきゃ…

~コメント  2 件~

jack  

ギター弾けるのが羨ましい!  私も豊中時代(豊中市)にギターにチャレンジしましたが、
私らしく挫折しました(-.-)

2014/04/02 (Wed) 19:48 | EDIT | REPLY |   

shigex2  

>jackさん

ギターに限らず楽器の習得は、「挫折しない(諦めてしまわない)」ということが第一かもしれませんね…
ボクの場合、サークルに入って講師からレッスンを受けたので、上手く励まされながらなんとか続けることができました。
とは言うものの、簡単な曲であっても楽譜を見てすぐに弾ける程の力が無いので、1曲1曲ゆっくり頑張らないと弾けないのですけど…

2014/04/02 (Wed) 23:41 | EDIT | REPLY |   

コメントをする