凸凹道でも気にしない!

バイクの話を中心に…

0 0
Categoryギター

ギターと言っても…

4/10に書いてUPしたつもりでしたが、下書きの設定でした。
ちょっと間の空いた感じの記事になってしまいましたが…


前の記事に書きました4/5の披露宴でのギター演奏も、何とか形になったというレベルですが無事終了しました。

現在はクラシックギターを弾いていますが、ギターを始めたのはエレキギターからでした。
今回はその辺りに関することを…
(昨年mixiの日記に書いたことの焼き直し的な内容になります。)

中学生の頃、特に何に影響を受けたというわけではありませんが「高校に行ったらバイクに乗ってギターを弾くぞ!」と何となく心に決めてました。
漠然とそう思ってただけで特にバンドを組んでやりたいという意識はなかったのですけど、この曲を聴いてバンドを組みたいと思うようになりました。
それがRUN-DMCの『Walk This Way』
元々はこのビデオクリップにも出演されてますがAero Smithの曲をヒップホップ・グループのRUN-DMCがカバーと言えばいいのかサンプリングと言えばいいのか分かりませんが使ったものです。



このギターのカッコよさ、そしてボーカルのスティーブン・タイラーの存在感のある声、それがRUN-DMCのラップ的な歌い方との対比でより鮮明に印象付けられたのでした。

で、高校に入って新たにできた友人からCDを借りて衝撃を受けたのが、Yngwie Malmsteenの『Odyssey』と言うアルバム。
衝撃とともに、「バンドを組むならハードロックバンドだ!」とCDを貸してくれた友人とともにクラス内でメンバーを探したのでしたw
そのアルバムの1曲目がこの『Rising Force』で、今でもイントロを聴くと当時の鮮烈な感動を思い出すこともあります。

そうそう、Yngwie Malmsteenというのはギタリストの名ですけどアルバムを出すごとにバンドメンバーが変わっちゃうくらい入れ替わりの激しいバンドで曲名と同じ「Rising Force」と言うバンド名を使ったり使わなかったり、とにかくギタリストのワンマンバンドみたいなものでした…
それにしても当時の彼は細い!w



で、夏になる前に他のクラスの人も入ってできたバンドが「T.F-Bird」。
元々「Transylvania Fire Bird」と言う名を考えたのですが長いので省略したのでした。
曲だとか編成だとか雰囲気だとかの影響を受けたのはIron Maidenと言うバンドです。
Transylvania Fire Birdと言う名についてはまた後日ブログに書きたいと思いますが、少し前に言われた『中二病』ぽくってカッコ悪い気もします…w

それはさておき、Iron Maiden重厚な感じの曲が多く、そのカッコよさに憧れたものです。
ツインギターの編成で、ギターの2人が同じフレーズを弾くという曲もあってそれがカッコいいのですけど、コピーするとなかなかギターが揃わずに苦労したものでした…



結局バンドは1年半位で(大学受験があったので)休眠状態になり、大学生になってメンバーが多少変わって復活したものの長続きはしませんでした…

~コメント  0 件~

コメントをする