凸凹道でも気にしない!

バイクの話を中心に…

Categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
0 0
Category装備

ブーツを改造してみた!

先日、主にバイクに乗る時に使用しているブーツのパーツを換えてみました。
小ネタって感じの内容ですが…

今回手を加えたブーツは、昨年末の記事に少し触れましたティンバーランドの6557Aです。→[その記事]

1805.jpg
元々は写真の右側(左足)のように、靴紐を一番上までハトメに通すタイプでした。
これだと、着脱がかなり面倒…
脱ぐ時は全体的に緩めればいいのですが、履く時には上から3つの穴に通ってる紐を一旦抜いて足を入れ、再び紐を穴に通していかなくてはいけません。
そう言えば「トレッキングブーツは上の方がフックになっているよな~」と思い到り、写真左側(右足)のようなフックを取り付けることにしました。

手芸などをなさる方は経験あると思いますが、自作や自分でメンテナンスするといった場合パーツや道具の入手に困ることが多いですよね…
今回も、いざパーツを捜してみるとネットで販売しているところはいくつか見つかったのですが、数百円のものに同額かそれ以上の送料が必要なのが考えどころ。
サイズなどもよく分からないので実物を見て購入したいですし。

幸いなことに、難波に実店舗を構えたところを見つけることができたので、近くを通った時に立ち寄ってみました。→[お店のHP]
お店の販売スペースはそれ程大きくはありませんでしたが、いろいろなパーツが所狭しと並べられていて圧巻でしたよ。
店員さんに尋ねて商品の入っている引き出しを教えていただき、数種類あった中から真鍮のフックを選んで購入しました。

フックの取り付けは、革に穴をあけフックの足を通し、受け手をフックの足に通してカシメると言う手順です。
2018y05m24d_232659339.jpg
(作業前にパーツの写真を撮るのを忘れておりましたので、今回パーツを購入したお店のページから画像をお借りしました。)

今回は元々カシメが付いていた穴が大きかったので、少し格好が悪いですが下の画像のようにワッシャーを通して取り付けました。
裏側はワッシャー状の受け手があるので、これで通常の取り付け方となります。
002_201805242210575d0.jpg 003_20180525002552f3d.jpg

簡単に「カシメる」と書いていますが、実は専門工具を使って打ち込む必要があります。
が、この専用工具が結構な値段のもので、1足分しか使わないのであれば靴修理のお店で1個300円程度(今回の場合は12個)でフックを付けてもらった方が安上がりだったりします…
私は打ち込み用の冶具を自作しましたが、しっかり打ち込んでカシメる必要があるので、しっかりとしたものを使わないと怪我をする可能性もあるかと思います。(ですので冶具の画像は載せておりません。)
とりあえず自作の冶具でも、上の画像のようにきちんとカシメられてるので問題なく仕上がっているとは思いますが…

この記事を書いている時点では、両足ともフックの取り付けを済ませておりますが、ハトメとは比べ物にならないくらい着脱が楽になりました^^
別のブーツもフック仕様に変更しようかな~と考えてしまいますw


~コメント  - 0 件~

コメントをする

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。