凸凹道でも気にしない!

バイクの話を中心に…

Categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
0 0
Category4DNミーティング

18年 大阪南部ミーティング(車両編)

9/16(日)、道の駅『いずみ山愛の里』にて関西4DNミーティングを開催いたしました。

今回の記事は、ミーティング参加車両のご紹介です。(写真を撮った順番です)
まずはお断りですが、それぞれの3枚目の写真は、フロントからとリアからの画像を連結させています。
リアからのものはタイヤがほぼ垂直になるように画像を加工してますので、地面や建物が斜めになって違和感があるかもしれません…


◆グリコさんのSRV
0101.jpg 0102.jpg 0103.jpg
今回は、シートカウルを以前のものに変えてのご参加です。(着せ替えができるって言うのも面白いですね。)
前にも書いたかもですが、色々と変えているのに(しかも色々とご苦労なさってるのに)、しっかりまとまってて違和感が無いので「こんなバイク販売されてたんだ~」ってスンナリ流されてしまいそうですw

◆ゆぅんさんのSRV
0201.jpg 0202.jpg 0203.jpg
前後のアルミフェンダーがレトロ感を醸し出しています。
タンクは2型のものに変えられておりますので、フレームの1型の緑と比べると少し引き締まった感じの色目ですね。
1型の緑は少し爽やかな感じで、2型の緑は英国っぽいと言いますか重厚な感じがしますね。

◆おとぎさんのSRV-S
0301.jpg 0302.jpg 0303.jpg
フロントの大きなウインカーが特徴的ですが、変な主張も無くむしろこちらがノーマル状態みたいです。
センタースタンドやリアキャリアが質実剛健って感じで、(特に後でご紹介させていただくANIKIさんのSRVと比べてみると)SRVの懐の深さを感じます。

◆にーやさんのルネッサ
0401.jpg 0402.jpg 0403.jpg
何と、今回ルネッサでの参加はにーやさんだけでした。
黒いエンジンも塗装がしっかりしていれば、引き締まった感じがしてルネッサのフォルムには似合うな~と再認識。
個人的には、ルネッサのノーマルテールランプとシートカウルを後ろから見た様子は、懐かしいような新鮮なような不思議な感じがして気に入ってます。

◆タケさんのSRV-S
0501.jpg 0502.jpg 0503.jpg
K&H製の前後フェンダーは赤/白タンクに合わせた色・デザインの塗装がされており、それだけでも完成度が高いと思うのですが、純正のサイドカバーにまで同様の塗装が施されているところも手抜きが無い感じでいいですね~
ところどころに赤いパーツを入れているところもポイントでしょうか?

◆私、しげしげのSRV-S
0601.jpg 0602.jpg 0603.jpg
ものすご~く細かいところですが、前のウインカーの取り付け方を変更しました。 が、ちょっと上向き気味ですね…w
画像を見ると、リアフェンダーの裏側が錆びてきてますね~ 近いうちに何とかしないと…

◆F・Kさんのリトルカブ
0701.jpg 0702.jpg 0703.jpg
今回は黄色いフルカスタムのルネッサではなく、なんとリトルカブでのご参加。
下道からアクセスできる道の駅でのミーティングだと、こういった面白いバイクでの参加もできるのもいいですね。良いものを見せて頂きましたw
それにしてもこのカブも、もはやカブではない異次元の1台ですよっ。

◆ANIKIさんのSRV
0801.jpg 0802.jpg 0803.jpg
セパハン&バックステップ、オイルクーラーなどがパッと目を惹くのですが…
他にも、メーターやリア周り一式など見所満載な一台です。
工夫をなさっているところも、ミーティングだと色々とうかがうことができていいものですね。
(ごめんなさい、右側からの写真は上手く撮れてませんでして…)

以上、駆け足でしたが参加車両のご紹介です。
いつも適当なコメントで申し訳ありませんが…
次回はミーティングやその前後のことを書かせていただきます。

~コメント  - 0 件~

コメントをする

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。