凸凹道でも気にしない!

バイクの話を中心に…

0 0
Category単独ツーリング

玉置神社1

6/12(金)、老巨杉群があるという情報を得て興味津々だった玉置神社に行ってきました。

だが、玉置神社HP の“道路地図 道路状況”のところを見ると、雨の次の日は特にお気をつけ下さいの文字が…梅雨入りし前日ほぼ一日中雨でだったので、少し考えてしまい、折角早起きしたのに出発は9時ごろ…それでも結局は出かけることに。

街中を走り、五條市からR168に入る。ここから玉置山への上り口まではずっとR168を走ることとなる。
大塔町では、時間帯通行止めがあったり、ところどころ細い道になったりするが、道路拡張工事を所々でしており、それが済んだところではかなり走りやすい。とは言うものの、そう言うところでありがちな長いトンネルには体が冷え切って参った。

帰りもR168を走るつもりだったので、あまり寄り道せず玉置山の麓、十津川村折立までやってきた。
ここからR168を外れて、玉置神社へ向かう。看板に拠ると玉置神社まで12kmとある。微妙な距離だ。
ちなみに十津川村は日本一大きな村だそうで、見所も多いようだ。

玉置山から
途中見晴らしのいいところがあったので撮影。分かりにくいかもしれないが、写真中央の大きな建物が、山道に入る手前にあった折立中学校の体育館。

駐車場脇の鳥居
そして駐車場に到着。画像は駐車場横にある鳥居。先程のHPによると、ここから本社まで徒歩15分とのこと。

参道
5分くらいは画像左のような歩きやすい道。しかしここからは鳥居のある方が参道となる。

本社
で、何とか本社に到着。ちょうど15分というところ。で、一息つこうと思ったら…

毒まむし
こんな看板が!
恐ろしい内容なのだが、よく見ると脱字があるようだ…(^^ゞ
しかしこの看板のため、本社とは逆の少し下ったところにある大杉に、近づく勇気をなくした。

大杉
だって、やたらと下草(?)が茂ってる状況で、この看板を見たら踏み込めません(>_<)

本社への階段をのぼる。本社は彫刻が素晴らしく、とても凝った造り。
しばし鑑賞していたのだが。アブだかブヨだかが攻撃してくるので、そこそこで中断。
これから虫除けスプレーを持つことにしようと、固く思った。だって虫は苦手なんです(;_;)

そこから、既に大きな杉に囲まれてはいますが、お目当ての(名前がついた)老巨杉を見に行くのですが、画像が多いので、前後半に分けさせていただきます。

~コメント  0 件~

コメントをする