凸凹道でも気にしない!

バイクの話を中心に…

2 0
Categoryメンテ/カスタム

前後サス変更

本日6/16、Fフォーク&Rサスを変更しました。

最近、脇道・旧道・山道を走ることが多くなったので、硬めにしているサスを柔らかめ(純正)に変更。
先にお断りですが、手がフォークオイルまみれになったので、残念ながら写真を撮れませんでした…

Fフォーク
ジールやSRV-T用のスプリング&スペーサ(以下:ジールスプリング)に、少し硬めのG15フォークオイル(液面を115mmに下げている)を入れていたFフォーク。
コレはコレで気に入ってたのですが、上記の理由から、SRV純正スプリングセット+G15オイル(液面はマニュアルどおりの107mm)を試してみることに。
今回は、液面の調整もあるので、ついでにオイルも交換してしまおうと思い、車体からFフォークを外して作業。
オイルは残ってる分で足りると思ったんですが、微妙に足りず、バケツに抜いた古い分を掬って入れちゃいました…50cc弱ずつ位ですが…

Rサス
こちらは、Hagon製サスを外して、純正サスをつけるだけ。
ただ、ボクのSRVはSタイプなので、ゴールドのタンクが付いていて、現状のカラーリングにはどうしても似合いませんので、ゴールド部分に黒のカッティングシートを貼りました。
本当は、Hagon製でバネレートを変えてもらいたいところですが…
微妙な差なのですが、Hagon製サスの穴ピッチは320㎜、SRV-Sの純正サスはどうも325㎜位なので、センタースタンドをかけて、片方ずつ交換と言う訳にはいきませんでした。
ちなみに、スプリング荷重は3段と、初期値より1段階硬めにしてます。

純正サス?
(新)黒タンクにしたためか、あまり浮いた感じはないのですが…

ヘイゴン
(旧)Hagonのフルカバータイプの方が、見た目は好み…


ほんのチョッピリ試走
まず、取り回しの時点で、Fフォークの硬さの差を歴然と感じます。
押しながらFブレーキをかけてみると、ジールスプリングの場合ほとんど沈み込みませんが、ノーマルスプリングだとフワッと沈み込みます。

走り出しもフワッとした感じで、超低速での扱いもフワッ~とした感じで気持ちよかった。
調整したブレーキもキッチリ効くようになったのを確認して、交通量のある道へ。

近所をぐるっと5km程度、速度MAX60km/hチョッとで走った感じでは…
○:細かい振動が減って快適。
  接地感が増した気がして、安心感がある。
×:コーナーの立ち上がりがもたつくような感じ。(シャキッとしないと言うかそんな感じ)
  メリハリがなくなったような感じ。

と、こんな印象を持ちましたが、ある程度慣れてから再度インプレをまとめようと思います。
色々なシチュエーションでの比較が必要でしょうし、ほとんど走ってない状況で、まだ違和感としてしか捉えられてなくって、自分にとって好ましい方向か否か判断がつきません。

~コメント  2 件~

ひろしま  

やる事が早い!

何はともあれ次のツーリングが楽しみですね。
ぼくはそのレポートを楽しみにしております(^^)

2009/06/16 (Tue) 21:47 | EDIT | REPLY |   

shigex2  

■ひろしまさん
月曜日会社で、黒のカッティングシートの余りを見つけてしまい、
「サス交換をするように!」との天の声と、勝手な解釈をしてしまったのです…

この時期、休みと晴れが重なることを祈るのみですが、早くツーリングに行って
インプレをまとめたいところです!

2009/06/16 (Tue) 22:20 | EDIT | REPLY |   

コメントをする