凸凹道でも気にしない!

ツーリングの話をメインに、日常のことも徒然に…

YAIRI工場見学

さて、今回のツーリングのメインである工場見学の開始です。

まずは、単板の倉庫の見学。
単板の表面板

単板の側裏板

ギターは単板を使用したものと合板(ベニア)を使用したものに大別できます。
まずは単板類の倉庫の見学。軽く空調された室内にかなり大量に保管されてました。
木材(特に薄板)はきちんとシーズニング(年月をかけて乾燥させたりして使える状態にする)しないと、後々反ったり狂ってきたりするので、この保管と言うのも重要な工程の一つ。

続いて合板の倉庫の見学ですが、合板の倉庫は空調はなし。
演奏ステージのある社員食堂とそこに飾られた工具などを見学し、
沖縄出身のバンドBEGINと共同開発したという『一五一会』の製造現場の見学を経て
ギター製造の各工程の見学となりました。

カスタム用高級材料

まずはカスタムギターなど高級ギターを製造・調整しているところ。
ヤイリギターの誇る名ルシアー(弦楽器製作家)の小池さんが作業されてました!
 (ギターに興味のある方には、有名な製作家の方なんで、かなり興奮しちゃいました…)
その頭上には、高級材料が吊り下げられており、工場内に個人の工房があるような雰囲気。

大きな時計!
その部屋の奥にはショーケースがあり、見るからに良い材料を使ってそうで、いかにも高価そうなものばかりが並んでました。

その部屋を後にして、各工程の見学。
表面板裏側
ギターの表面板の裏側の説明を聞いたり、

ネック無し状態
表面板と裏板を側板に接着する工程の説明を聞いたり、

塗装前
塗装前の磨きをかかられるギターを見たり、

個人製作家ではなくギターメーカーと言うことで、もう少し工業製品的な作り方がされていると思ってましたが、実際の現場は想像以上に手作業ばかり…
生産量はと言うと、30名そこそこの社員数で、日産約20本(最盛期でも25本位)とのこと。
正直それほど儲かる仕事ではなさそう…

予定通り約1時間の見学を終え、再び試奏室へ。
見学を済ませてギターを見ると、かなりの手間が掛かっているんだな~としみじみ思いました。

約30分の試奏・休憩の後、オー!れんじさんと岐阜城へ行くことに!
この模様は、次回に!
  1. 2009/08/11(火) 19:20:51
  2. ギター
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0
<<YAIRIツーリング~後編ホームYAIRIツーリング~前編>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shigex2.blog114.fc2.com/tb.php/70-8e3cbea0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

shigex2

Author:shigex2
ヤマハSRV250S
元々は赤/白カラーですが…

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

4DNミーティングなど (31)
4DNツーリング (19)
4DNその他オフイベ (7)
単独ツーリング (42)
バイクあれこれ (11)
メンテ/カスタム (25)
バイク&ハイク (2)
自転車&ハイク (10)
手作りあれこれ (5)
音楽・芸術・文学 (9)
ギター (8)
雑記 (31)
お出かけ (1)
未分類 (3)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ