凸凹道でも気にしない!

バイクの話を中心に…

0 0
Category単独ツーリング

月出の中央構造線

前回の記事の人形たちをカメラにおさめた日(9/7)は、松阪市まで行って来ました。
10/11に予定している前島食堂[こちら]へのツーリングの下見でしたので、行きはメモをとったりしてて、写真を撮る余裕がありませんでした…


お店前を通過
家から、ショートカットになりそうな道を探して迷ったりしながら、何とかお店前を通過。
迷った時間や休憩時間を除くと、2時間40分程度でした。

実は、1時間半以上も道に迷ってしまったので、伊勢まで足を伸ばすつもりでしたが断念。
R166を、大阪方面(西向き)に走ることにしました。
茶倉駅
前回の鶏ツーでも立ち寄った「茶倉駅」は、前回は綺麗な花が咲いてましたが、今回はまるで山焼きの後のよう…
お茶だけ飲んで、早々に出発。

飯高
しばらくR166を走ると、今度は「飯高駅」が見えたので立ち寄り。
トイレに行きたかった訳でもなく、のども渇いてなかったが、初めての道の駅は寄ってみたい…
とても大きいのだが、温泉が併設されてる位で、特に何て言う事はありませんでした。


月出の中央構造線
R166を走っていると、「月出の中央構造線」[こちら]の案内看板がちらほらと目に入り、何となく興味深かったので行ってみることにしました。
R166から逸れると、段々と道は細くなり、急な坂道となっていきます。

そうして観測ポイント近くまで何とか登って来ましたが…
注意書?
こんな看板を見て、「ご遠慮ください」を「ご注意ください」と読み違え…

急坂
明らかに、落ち葉の積もり方が車で通ったような感じだし、注意すればって思い込んでいるので、ためらわずに下ります。

で、観測ポイントに到着。
観測ポイント
本来、こんなトコにバイクを停めて撮影なんてしてはいけない…
後に写ってる橋は、かつては散策できたのでしょうが、現在は土砂崩れの危険があり、立ち入り禁止。

で、看板の辺りから眺めると…
月出の中央構造線
確かに、色の違いはハッキリしてます。
しかし、ココまでの道のりの険しさを思うと、「コレがそうなんだ…」位の印象…
他に誰もいないし、崩れてこないか?と心配になり早々に退却。

で、先程下った道を上ることになるのですが、一番急な所では後にひっくり返りそうな恐怖を感じ、思わずハンドルに覆いかぶさるように前傾になりました(>_<)

寄り道
R166に向かって降りていく途中、工事現場っぽい砂山があったので覗いてみることに←?
砂山に駆け上って、写真を撮ってみたのがコレ。
しかし、砂山から降りるのは、降りるというより砂と共に滑る感じで、正直恐かった!←こんなのばかり…


高見山ループ橋
R166に戻ってきて、ほっと一息。
しばらくバイクを走らせると、高見山のループ橋が見えてきました。
高見のループ橋
写真の中央辺りの赤い橋がそれ(の一部)です。
ツーリングマップルで存在を知り、いつかは走りたいと思ってたんですが、実際走ってみると…
普通の道でした←当たり前ですが…

高見山ループ橋とそれに続く高見山トンネルを通過し、R166にも飽きてきたので、室生へ向かうr28に入る。
山の中を走る細い道で、舗装の上に砂がたまってる場所があったりして、この道を選んだことを後悔した頃、R369に出たっ。

ココからは何度か走った道。
途中で、例の人形たちをカメラにおさめつつ、帰宅したのでした。

走行距離:約326km←かなり道に迷ってます…

~コメント  0 件~

コメントをする