凸凹道でも気にしない!

ツーリングの話をメインに、日常のことも徒然に…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--
  2. スポンサー広告

三度の曽爾高原!

9/13、リアブレーキをかけると鳴き出してしまう我がSRVのメンテをする予定が…
あまりの天気の良さに、出かけたくなってしまった…

風に誘われて
朝起きると、前日とは打って変わってとてもいい天気!しかも風が心地いい!
その心地よさに、初夏の曽爾高原を思い出して、どうしても行ってみたくなっちゃいました…

さっさと用意をして出発。慣れたR163→ならやま大通り→R369ルートで針テラス(道の駅)に着いたのが8:30頃。
ツーリングにもってこいの季節なのか、恐ろしいほどのバイクの数に、さっさとトイレを済ませ出発。
そのまま曽爾高原に向かうつもりが、途中の公園でコーヒーを飲んでると、心地よい風についウトウトとしてしまい…
気付けば1時間位寝ちゃってました…(>_<)

やっと曽爾高原
そんなこんなで、曽爾高原に着いたのは丁度12時頃。
前回と違って、駐車場にはいっぱいの車&7,8台のバイクが停まってました。

灯篭
お亀池の周りには灯篭が付けられてました。
確か、夕日に映えるススキが幻想的と言っていたので、そのための明かりなんでしょうね。
秋の日はつるべ落としとか言いますし…

見上げる!
見上げると綺麗なんだけど、「あそこまで登るの?」と思ったり、

心地よい風
それでも、風にそよぐススキの穂は、視覚的にも心地よく、

倶留尊山を見る
亀山の頂上付近から、倶留尊山(?)を見ると、ススキと淡いミドリとそこに映る雲の影がいい感じです。
登り始めはしんどいけれど、この景色を見るとやっぱり登ってよかった~と心底思います。
※倶留尊山と思い込んでましたが、写真の山は二本ソボとのことです。

頂上付近で、家から持ってきたアンパンと紙パックの甘~いコーヒーをとりながらの休憩。
前回登ったときは、今回より暑かったにもかかわらず水分も持ってなかったのでへとへとでしたが、今回のような休憩は本当に生き返ります!

今回も約1時間の散策。駐車場のお婆さんにススキの見頃を聞いてみると、奥からお爺さんが10月10日頃と教えてくれました。

石楠花がないと…
駐車場も忙しそうだったので、今回はココでの休憩無しで帰路に。
途中、以前立ち入らなかった「弁財天石楠花の丘」に行ってみることに。

石楠花…
石楠花のシーズンはさぞすごいのだろうと思わせる看板。

その石段
先程の看板に書かれてあった石段は、動物が入らないように柵があります。
大切に育ててる石楠花を守る為なのでしょうか?
一気に石段を駆け上がって見ると…
石楠花の季節に来ないとどうしようもない感じです…(;_;)
更に奥に進む階段もありましたが、とぼとぼと石段を降りてしまいました。

柵の外に出ると、石段の横の農家の方が、「5月の連休の頃来てや。」と声を掛けてくれましたが、その頃に覚えている自信もなく、その時期に殺到するであろう人の多さを思うと、来ないだろうと考えてしまった。

駐車場
何故なら、こんな駐車場が完備されてるのだから…

彼岸花がちらほら
このまま帰るのはあまりに寂しい状態に、地図を見ようとかばんを開けると、ツーリングマップルが入っていた。
いつもはもう少し詳しい地図を持っているのだが、朝慌てて用意したからだろう。
見ると、近くに仏隆寺というところがあり「千年桜」と表記されてました。
また季節外れか…とは思いましたが、何しろ「千年桜」、春の下見でもいいかってな気持ちで行ってみました。
R369から逸れて、細いクネクネした道を上って行くと、迷いそうと一瞬思うもののすんなりと到着。

仏隆寺
駐車場から、仏隆寺と書かれた方を見ると、大きな桜の木が!
写真だとよく分かりませんが、かなりの存在感で、周りの景色からそこだけ飛び出したような、言うなれば飛び出す絵本のような感じのたたずまいでした。→[宇陀市観光マップへ](#19をクリックしてください)

また石段
石段の両脇には、彼岸花がちらほらと咲いてました。まだ、最盛期には少し早いようです。
しかし、ボクのイメージだと彼岸花って、芽が出てきたと思ったら、すぐに花が咲き、そしてすぐに終わっちゃうって感じなので、最盛期がどれくらい先かは何とも言えませんが。

今度はゆっくりと石段を登り、入山料(100円)を支払って中に入ると、
黄色の彼岸花
黄色の彼岸花が咲いてました。

仏隆寺は、「大和茶発祥の地」の石碑が建てられてました。
何でも、空海さんが唐から持ち帰ったお茶を日本で初めて栽培したらしいです。
本当に空海さんはすごいですね…

仏隆寺の辺りは、なんだかのんびりとした素朴な感じで時間がゆっくりと流れているようでした。
また、多くのハイカーを見かけましたが、こんな日和にはとても気持ちが良いでしょうね。

落ち着いた風景に堪能し、納得がいったので(?)、今度こそ帰ろうと出発。
先日写真におさめた人形たちを横目に、針テラスにも寄らず走っていると、
稲刈り
稲刈りの終わった田んぼに、わらの束が。
何となく可愛いような風景に思わずバイクを停めて撮影。
刈った稲を干してると言う訳ではないようで、何をしてるのかわかりませんが…

走行距離:約248km
  1. 2009/09/14(月) 01:55:43
  2. 単独ツーリング
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0
<<くすのき巡りホーム月出の中央構造線>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shigex2.blog114.fc2.com/tb.php/76-3dba28a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

shigex2

Author:shigex2
ヤマハSRV250S
元々は赤/白カラーですが…

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

4DNミーティングなど (24)
4DNツーリング (19)
4DNその他オフイベ (7)
単独ツーリング (42)
バイクあれこれ (10)
メンテ/カスタム (22)
バイク&ハイク (2)
自転車&ハイク (10)
手作りあれこれ (5)
音楽・芸術・文学 (9)
ギター (8)
雑記 (30)
お出かけ (1)
未分類 (3)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。