凸凹道でも気にしない!

ツーリングの話をメインに、日常のことも徒然に…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--
  2. スポンサー広告

阪本さん…

前回予告しました石切での「マムシ」にまつわるお話です。
きっと石切界隈を語る上で避けては通れないものの一つであると思います。
時系列でまとめるのが無理ないかと思いましたので、ネタバレでスタートしちゃいます。

大仏寺
前回の牛が保管されていたところから少し下ると、大仏寺があります。

三番目
そうです!日本で三番目の石切石仏がおられるところです。
そこに例の「蝮塚の由来」の石碑があるのです。

赤マムシ
そうなのです。その阪本さんこそ「阪本の赤まむし」の阪本さんなのです。
「阪本の赤まむし」は、ボク以上の年の関西人ならきっと一度は耳にしたことがあることと思います。
マムシゲンとかマムシグロンなどの内服液をつくってる(てた?)ところです。
しかし、会社の沿革を調べても現在の阪本漢方製薬・サカンポーと直接関係するのか不明です。

阪本昌胤像
そしてこの方が、阪本昌胤といい像の前の石碑に拠ると「阪本家総本家」とのこと。
会社の沿革に名前が出てこないし、「総本家」とか書いてるところをみると、色々あるのかもしれません。

ただ、この石碑に書かれてることがスゴイ!
「明治100年と万博を記念して二千万円を寄付して、生駒の府民の森に桜1万本を植樹した。」
「三千万円を寄付して老人センターを建てた。」
「道路拡張・交通安全のために時下一億円の土地を寄付した。」
「府民の森に建てた阪本記念碑の序幕をした。」
なんてことが、「私は…」という一人称で綴られている。それもチョッピリおかしな文章で…

個人寄付
銅像前の石碑だけではアピール不足と考えたのか、こんな石碑もいくつかあります。
ここまですると、恩着せがましいを通り越して、清々しい自慢のように思えてきます… ←?

旧和歌山藩士と言うことで、元々お金持ちだったのかもしれませんが、これらの寄付をすることができるほど稼がせてもらった「マムシ」。そりゃ「蝮塚」でも建てて供養する必要ありますよね…


石切大天狗
坂を下り石切神社の手前に来ると、石切大天狗と書かれた建物が見えます。

石切天狗堂
道が狭くって全景が入りません(>_<)
この建物の隣にかつては薬局があったそうです。
石切さんに祈り、石切大天狗にお願いし、阪本薬局で薬を買えば…という図式だったのでしょうか?

ボロボロ
石切大天狗横のスペースは、ボロボロになった書、そして例の「寄付をした!」ということを誇示する石碑が。

奇しくも石切大天狗には「個人の生命は短く 民族の歴史は永い」と書かれた碑がありました。
阪本昌胤さんの座右の銘なのでしょうか…?

これらの石碑などは、短き生命の証として残したかったのでしょうか…?
そう考えると、面白くも悲しい藤山寛美の舞台のような感じ。


第二記念館
石切神社の横を通り過ぎて少し行くと、阪本第二記念館なる建物があります。

第二記念館
扉は閉ざされており中には入れませんが、寄贈した老人ホームの絵や府民の森の絵が飾れれてます。
「明治 大正 昭和」という文字が光ってますが、まさに昭和も遠くなりにけり…です。

手水舎
再び石切神社の境内に戻ってくると、手水舎の柱には「奉納 阪本昌胤」と彫られていました。

さすがに石切神社本体にもちゃんと寄付(奉納)しています。(^^ゞ

「阪本製薬株式会社」とも書かれているので、現在の阪本漢方製薬やサカンポーの前身であることは間違いのないとは思います。
とすると、阪本昌胤というは号で、沿革に出てくる阪本幸左衛門というのが本名なのかもしれませんね。
そう言えば、阪本昌胤の前に、四世と書かれているし…

それにしてもブログが、面白スポット紹介みたいになってますね…(>_<)
今度の休みこそ、バイクで出かけよう!そう思ったボクなのでした。

  1. 2009/09/30(水) 22:18:58
  2. 自転車&ハイク
  3. トラックバック:0
  4. コメント:6
<<ムシが苦手…ホーム動物たち…>>

コメント

新たなるお店

昨日久々に参拝道を歩いたら、以前池があった神社跡を埋立てて工事していた所が
ほぼ完成してました。額田に向かう道路沿いで例の石切大仏の斜め向かいです。黒
い不思議な形の建物で展望テラス付きで、3店舗(麺居酒屋、飲茶、洋食?)が入る
予定との事でした。石切も随分と変わりましたなぁ。
ちなみに参拝道にやたらと貼っていたポスターによると、石切のイメージキャラクター
は「いしきりん」君だそうです。首の短いキリンで笑えました。
  1. 2009/10/26(月) 10:55:23 •
  2. ~ URL
  3. ゴン太
  4. [ 編集 ]

Re: 新たなるお店

■ゴン太さん
コメントありがとうございます。

そんな立地で展望テラス付きなら、かの大仏様を見下ろす感じになってしまうのでは?

>石切も随分と変わりましたなぁ。
ボクも20年近く前に、友人に連れられて石切界隈を歩きましたが、その頃はもっとゴチャゴチャした感じで、趣があったような気がします。
そう言えば、ゴン太さんの見かけられた建物以外にも小奇麗な建物もちらほら見受けられました。
やはり段々と変わっていくのでしょうね…

あとボクが気になったのは、TVに出た!とか、そう言うことを大々的に掲げてる店の多いこと。
あの界隈なのだから、店自体の魅力で勝負してもらいたい気がしてなりません。
そう言う意味では、今でも充分不思議なところですが、得体の知れないパワー感は薄れちゃったような…
  1. 2009/10/26(月) 20:51:54 •
  2. ~ URL
  3. shigex2
  4. [ 編集 ]

占い市場

廃業しちゃったお店と入れ替わりで占い屋さんが増えましたが、中でも奮ってるのが
『豊八』さんですね。服屋と占い以外に駅近くに猫カフェまで経営してますから。
  1. 2009/10/31(土) 10:48:49 •
  2. ~ URL
  3. ゴン太
  4. [ 編集 ]

■ゴン太さん
服屋、占い、猫カフェ…どれも繋がりそうにないのに… すごいもんですね…
いしきりん君も見ないといけないし、奥之院も気になってるので近々行こうとは思ってますが、
頂いたコメントのおかげで、今度は、色々なお店ももう少し見てみようと思いましたよ(^^ゞ
  1. 2009/10/31(土) 23:48:12 •
  2. ~ URL
  3. shigex2
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2009/11/01(日) 01:21:50 •
  2. ~ URL
  3. [ 編集 ]

阪本の赤まむし

2001年に統合された阪本製薬と北区に設立された阪本漢法製薬は別の資本の会社です。
難波新地ににあった阪本製薬の店を起源とする会社は東大阪に工場を持っていました。一般で言われるところのお家騒動で分裂したのです。要するにええかっこしいの阪本昌胤を仰ぐマケシゲン派閥と、もうええかげんせえというマムシグロン派閥がそれぞれ分かれたのです。
当然、お金にルーズだった阪本昌胤のためか出足からマムシグロン派閥に商いで差をあけられていましたが、関西では有名なマケシゲンDのおかげでなんとかがんばっていたのです。
でも阪本製薬は2001年に倒産して阪本漢法製薬に統合されたのです。
  1. 2010/06/06(日) 08:44:30 •
  2. ~ URL
  3. マムシゲン
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shigex2.blog114.fc2.com/tb.php/81-a7bc9585
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

shigex2

Author:shigex2
ヤマハSRV250S
元々は赤/白カラーですが…

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

4DNミーティングなど (24)
4DNツーリング (19)
4DNその他オフイベ (7)
単独ツーリング (42)
バイクあれこれ (10)
メンテ/カスタム (22)
バイク&ハイク (2)
自転車&ハイク (10)
手作りあれこれ (5)
音楽・芸術・文学 (9)
ギター (8)
雑記 (30)
お出かけ (1)
未分類 (3)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。