凸凹道でも気にしない!

バイクの話を中心に…

0 0
Category単独ツーリング

不動七滝~後編

細く路面状態も良いとは言えないR309を、行者還トンネル方面に走ります。

綺麗な紅葉
この辺りのR309は国道が途切れる区間だったのを、無理やり国道に編入したという経緯があるらしいので、所謂「酷道」区間でなのですが、景色がいいので車を停めて車外に出て写真を撮る人が多くいたので、余計に危険な区間と化してました…
ブラインドカーブを曲がったとたん、三脚を立てたカメラマンが居たのには参りました…

008.jpg
まだまだ標高の低いところですが、ホントに紅葉が綺麗です(^^)
よく見ると、ガードレールに国道を示す標識が… この辺りはこんなのが多いですが、何となく可愛げがあります。

009.jpg
どんどん上って行くと、絵に描いたような景色が。
確かに、車を停めて真剣に写真を撮るのも分かる気がしますが、くれぐれもお気をつけて…

010.jpg
しばらく走ると、行者還トンネルに到着。
トンネルの西側には駐車スペースが有り、弥山への登山口になってます。
弥山には天河神社の奥社があり、雰囲気が良さそうなので、いつかは登りたいと思ってます。
実際、前回ここを訪れて以降、ジョギングだけでなくチョッとしたハイキングを始めるようになりました。
でも、ハイキング気分ではダメなところらしい… 登山届けを入れる箱が備えられてます(>_<)

登山口はこの看板とは逆方向ですが、「世界遺産 大峯奥駈道 弥山登山口」と書かれた看板は、いつか登りたいという意欲をますます掻き立ててくれるようです…(^^ゞ

真っ暗な行者還トンネルを抜けると、今度は下り道となります。

011.jpg
途中、こんな光景が。画像では分かりにくいですが、たぶん植林された杉と尾根の落葉広葉樹のコントラストが、とても面白い景色を作り上げてました。

トンネルの東側は、相変わらず細くてクネクネしてはいますが、路面状態は比較的よかった。
そうして、走りやすいR169への合流地点にやってきました。


不動七滝
しばらくR169を南下し、上北山村から下北山村に入ってすぐの前鬼橋を渡ると、前鬼登山口があります。

012.jpg
登山口の看板。
不動七滝の展望所へは7kmとのこと。

013.jpg
登山道を挟んで先程の看板の向かいにある小屋。
トイレがあり、登山ニュースなる掲示があります。
登山計画をいれる箱、その下には「ハイキング気分での登山はやめて下さい。」との文言が…
やはり、山を甘く見てはいけないんですね…

所々舗装のはがれた道をのぼりますが、途中人も車もバイクも全く見かけません…

014.jpg
6km位来た箇所にある遊歩道との分岐点。
ここから不動七滝の傍まで歩いていけるそうですが…

016.jpg
こんな立て看板を見ると、とても行く気になれません…

なので、素直に展望所までバイクで行くことにしました。

015.jpg
展望所から滝まではチョッと遠いので、迫力は欠けますが、山に囲まれた全体の景色がとても綺麗でした。
影と日なたの陰影がつき過ぎて、写真だと分かりにくいですね…

この展望所で、登山道に入って初めて人に会いました。
おじさんかな~と思ってたら、80歳とのことでビックリ。
この辺の山をまわるため軽の4駆を買って、走り回ってるそうで…

あまり遅くなると暗くなるので、もっと眺めていたいが帰ることに。
今度は遊歩道を歩こう!と、またしても再び来なければいけないスポットが増えてしまいました… (^^ゞ


前日にセパレートハンドルのタレ角をつけたことと、リアサスを再び(硬めの)HAGON製にしたので、チョッとしんどいのではと言う不安がありましたが…
ハンドルは以前よりも自然な感じで、逆に楽になったような気がしました。
リアサスも思ったほど凸凹道でも苦になりませんでしたので、しばらくはこれでいいかな。

走行距離:約278km

~コメント  0 件~

コメントをする